カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
コミュニティーニュース:「佐々木フレッド名誉の壁」

日系文化会館の歴史に貢献した人々の功績をたたえる

 

日系文化会館(JCCC)に新設された「The Fred Sasaki Wall of Honour」(佐々木フレッド名誉の壁)の開幕式が、7月23日(日)午後、同会館で行われ、トロントの日系コミュニティー関係者ら多数が出席しました。

この名誉の壁は、日系文化会館やモミジシニアセンターの建設・運営に携わるなどコミュニティーに多大な貢献を果たした日系二世、故佐々木フレッド氏の名前を冠したもので、会館の正面玄関から入ってすぐ右側にあります。

 

 

▲佐々木フレッド名誉の壁               ▲前田典子さん作「ありがとう」

 

「佐々木フレッド名誉の壁」には、今までに日系文化会館建設基金に寄付した個人・団体の名前(大口寄付者)、旧日系文化会館(123 Wynford Drive, Don Mills)の建設計画がスタートした 1961年当時、自宅を担保にして資金を寄付した75家族の名前、会館に対する特別な支援を施した人に贈られる「礎(いしずえ)アワード」の受賞者名、日本の伝統・文化などの普及に大きく貢献したカナダ内外の人物に贈られる「さくらアワード」の受賞者名が刻まれています。

また、壁の左側には書家・前田典子さんの「ありがとう」の文字が掲示されています。

 

この日、商工会コートでの式典では、川口ゲーリーJCCC理事長が会館の歴史を語り、ジェームス・ヘロン館長がスライドで旧会館と現在の会館の懐かしい場面や人物を披露。佐々木フレッド氏の息子、ポール氏が記念のスピーチをしました。

 

その後、出席者たちは会館側のガイドによる館内ツアーに参加、JCCCギャラリー(美術館)、モリヤマ日系ヘリテージセンター(博物館)、武道場、小林ホールを見てまわりました。最後は、小林ホールで今年のトロント日本映画祭(JCCC主催)で審査員大賞を受賞した片渕須直監督のアニメ映画「この世界の片隅に」が上映されました。

 

現会館(6 Garamond Court, Don Mills)は、1996年12月に購入。以来、約20年間にわたりリノベーションが続けられ、施設が充実してきました。今では、世界で日系人の文化センターとしては最も優秀な施設を誇り、健全な運営をしていると定評を得ています。(7月24日、色本信夫)

イベント情報:「カリバナ・トロント」8月3日(木)〜8月7日(月)

ハイライトは8月5日(土)北米最大のカリバナ・パレード

1967年にトロントで始まった北米最大のカリビアン・フェスティバル「カリバナ・トロント」は毎年多くの観光客でにぎわいます。今年も8月3日(木)から8月7日(月)までいろいろなイベントが企画されています。(写真は過去のカリバナ・パレードより)

 

 

 

 

上記のフェスティバル期間以前に行われる大人顔負けの踊りを披露する子供のジュニアカーニバルも人気のひとつ。

カーニバルのハイライトはカリバナ・パレードです。カリプソミュージックに合わせて、豪華な衣装をまとった踊り手たちの熱気あふれる踊りに観客たちも思わず興奮のうずに・・・。

 

【カリバナ・ジュニアカーニバル】

■日時:7月22日(土)午前11時〜午後6時

■場所:Neilson Park1555 Neilson Road, Scarborough

■入場料:無料

 

【カリバナ・パレード】

■日時:8月5日(土)午前10時出発、パレードの所要時間4〜6時間

■場所:Exhibition Place(200 Princes Blvd.)会場から出発。この会場での観覧は有料。そのあと、パレードは Lakeshore Blvd. を西に向かい、Parkside Drive まで約4.5キロを行進する。ここは無料で観覧することができます。

その他のイベントはwww.caribanatoronto.comを参照。

 

(7月16日、ノンちゃん)

フード:私のおすすめポルトガル料理レストラン「Bairrada」(中村智子さんの投稿)

味、値段、ボリュームが一致していて人気店に

 

「カナダつれづれ」のポルトガル旅行記を読んで、ポルトガル料理が食べたくなり、グルメな知り合いに以前から勧められていた、ミシサウガのポルトガル料理レストラン「Bairradaに行ってみました。http://www.bairrada.ca/(同系の店がトロント市内に3軒あります)

 

その知り合いがお勧めしていたBBQチキンは、このお店一番の人気メニューで、周りのテーブルを見ても、皆それを食べていました。辛い料理が好きな人には、ピリ辛ソースを別(無料)に頼むことをお勧めします。

 

 

▲この店の人気メニュー「チキンBBQ』  ▲今日のスペシャルスープ「コラーダスープ」.パンも自家製です  

 

今日のスペシャルメニューにあったコラーダスープとフィッシュシチューも、だしが効いていて、とてもおいしかったです。

 

ポルトガルのデザートといえば、有名なフランがお勧めです。私が行ったミシサウガ店は、フランはお店で手作りをしていました。

 

どの料理もかなりのボリュームで(写真のBBQチキンはLarge。店員には、Smallでもかなり量が多いと言われたにもかかわらず、欲張ってLargeを頼んでしまいました、値段もリーズナブル。

スープと自家製パンだけで、お腹一杯になるので、前菜は少なめに頼むといいかもしれません。

 

College Streetのお店は、裏のパティオがとてもいい雰囲気だそうで、ワールドカップなどの時は超満員だそうです

この夏、パティオでポルトガル料理を堪能してはいかがでしょうか。

 

○  ○  ○

 

ほかに丸木英朗さんからもケンジントン・マーケットに近いポルトガル料理レストラン「Amadeus」の紹介がありました。

「安くて美味しく、イワシの炭火焼きもやっています。生ビールもトロントで最もうまい店のひとつ」だそうです。

 

〈Amadeus

184 Augusta Ave. Toronto Tel:416-591-1245

 

(7月8日、ノンちゃん)

フード | 06:24 | - | - |
フード:トロントでポルトガルの雰囲気を味わえるレストラン「LISBON BY NIGHT」

シーフードとライブミュージックを楽しめる家族的な店

 

トロントには約10万人以上のポルトガル系人々が住んでいるそうです。その割りにはポルトガル料理を出すレストランが少ないのは中国人と違って家庭で食事をする習慣が多い、と聞いています。

 

ポルトガル系住民は、おもにダウンタウンの Bathurst St. より西、Dundas  St. と College St. 近辺に住んでいて、イタリア系の街、リトルイタリーともかぶっているところもあるようです。したがって、ポルトガルレストランもこの地域に点在しています。

 

今年、5月末にポルトガルに旅をしたことから、その懐かしもあってポルトガルレストランに行ってみました。いくつかある中で選んだのは「LISBON BY NIGHT」。ウェブサイトを見ると典型的ポルトガル料理を網羅していて、しかも値段がリーズナブル。ライブミュージックまであります。

 

店はダンダス通りにある入り口から階段を上がって2階にあり、ドアを開けるまで「こんなところにお客がいるのだろうか?」と一瞬、不安になりました。でも開けたとたんにビックリ!。日曜の夕方ということもあったのでしょうが、店内は祖父母から孫たちを含めた大家族の食事会テーブルがあちこち、ライブミュージックを伴ってにぎやかなこと。ウエーターに聞くと客層は、80%以上ポルトガル系の人だそうです。ライブは、時々、ポルトガルの民族音楽、ファド(Fado)をやることもあります。

 

 

▲タラのコロッケ(中央)とエビのコロッケ     ▲ライブミュ–クで盛り上がる(時々、ファドをやることもあるそうです)

 

まずはこの店自慢のサングリア(1リットル$25)でカンパイ! オードブルにはリスボンでおいしかったタラとエビのコロッケ(Cod & Shrimp Croquet,$8.75)を注文。本場より少し小ぶりでしたが、味はむしろあっさりしていておいしかったです。

 

次にシェアリング・オードブルコンボのシーフード・グリル($30.75)の盛り合わせを。ジャンボシュリンプ、タコ、イカ、パイナップルが小高く盛られて、一見それほど量が多く見えないのですが、ひとつひとつ解体?するとけっこうなボリュームがあり、十分メインになります。どれもやわらかくておいしかったです。

 

 

▲シーフード・グリル.見た目よりボリュームたっぷり   ▲イワシのグリル(メインコース)

 

私にとって、ポルトガル料理で絶対に欠かせないのがイワシのグリル(オードブルは$12.50、メインコースは$20.95)。少々焼き過ぎの感ありでしたが、味はまあまあでした。もうひとつ、リスボンでおいしかったシーフードスープ(Sopa de Marisco)をとりましたが、全くイメージがちがっていてあまりおすすめできません。

 

 

▲プディン・フラン                   ▲スペシャルデザート(Doce de Casa)

 

デザートは、ポルトガルで最もポピュラーなプディン・フラン(Pudim Flan$6、いわゆるクレーム・キャラメルのポルトガル版)とこの店スペシャルデザート(Doce da Casa、$7)を注文しました。プディンはおいしかったですが、スペシャルデザートは私には甘過ぎました。

「LISBON BY NIGHT」は全く庶民的な店ですが、高級ポルトガル料理店としては「Chiado」(College x Ossington)というレストランもあります。両方ともサマーリシャス(7月7日〜23日)のイベントに参加しています。

 

〈LISBON BY NIGHT〉

■アドレス : 802  Dundas St. W  2F(Bathurst St.の西)

■Tel : 416-603-6522

■オープン時間:水曜/午後5時〜11時、木曜/午前11時30分〜午後11時、金曜/午前11時30分〜午前1時、土曜/正午〜午前1時、日曜/正午〜午後10時30分(月曜&火曜休み)

 

www.lisbonbynightrestaurant.com

 

(7月6日、ノンちゃん)

フード | 00:39 | - | - |
イベント情報:2017年サマーリシャス(SUMMERLICIOUS)、7月7日~23日

通常より低価格で食事が楽しめる!トロントのレストラン約200軒が参加

 

毎年夏恒例のレストランPR強化作戦「SUMMERLICIOUS」(サマーリシャス)が7月7日(金)から23日(日)まで2週間余にわたってトロントで行われます。期間中、トロント地域の人気レストラン約200軒があらかじめ定められた、通常より低い値段でオードブル、メインディッシュ、デザートの3コースの食事を提供します。今年は新しく22のレストランが加わったそうです。

 

 

▲2017年度サマーリシャス参加レストランガイドブック。参加店で入手できます

 

カテゴリーは3つに分けられ(レストランによって異なる)、ランチは、定価が一人前$18、$23、$28 。ディナーは、定価が一人前$28、$38、$48(飲み物代、税金、チップは別)になっています。日本レストランでは「波」(右バナー広告参照)などが参加しています。

このイベントに参加しているレストランのリスト、食事代、所在地、予約連絡先などの情報はウェブサイトを参照。

 

http://www.toronto.com/events/summerlicious/

 

 

(7月4日、ノンちゃん)

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.