カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
時事ニュース:高層ビル工事現場のクレーンに登った23歳の女、消防士が救出

トロント市ダウンタウン、ウェルズリー×チャーチ付近の高層ビル建設現場で、4月26日(水)午前4時半ごろ、建設用クレーンのてっぺんに若い女が登っているのが発見され、警察に通報がありました。

 

クレーンは建設用地の上空に設けられたもので、高さ45メートル(ビルの高さにして12階以上)。警察、消防がただちに現場に駆けつけ、午前6時ごろ、消防隊のロブ・ウオンファー副隊長(Rob Wonfer =52歳)が救助のためクレーンのてっぺんに向かいました。

ウオンファー消防士は、女をしっかり抱きかかえ、ロープでゆっくりと下がり、午前8時30分ごろ、二人は無事、地上に降りました。救出作業に約2時間半かかりましたが、付近はこの様子を見ようと数百人の見物人が集まり、固唾(かたず)をのんで救出作業を眺めたり、スマホで写真に撮ったりしていました。

 

女はマリサ・ラーゾ容疑者(Marisa Lazo =23歳)で、騒ぎを起こした罪など6件の容疑でその場で逮捕されました。手錠をかけられ、救急車で病院に搬送、検診を受けた後、警察の留置場で一晩を過ごしました。

 

警察によると、冒険マニアで、高所に登ることが大好きな性格だということです。彼女のインスタグラムには、彼女がトロント・ダウンタウンのビル街の夜景を背景に、高層ビルの屋上コンクリートフェンスの上に立って、ばんざいをしている写真が載っています。

ラーゾ容疑者は保釈金500ドルを支払い、建設現場付近に近づかないこと、高層ビルの屋上に行かないことを条件に身柄を釈放されました。5月に裁判所に出廷する予定です。(4月27日、色本信夫)

 

 

 

コミュニティーニュース:交流基金の岩永絵美所長が帰国、後任は清水優子氏

国際交流基金トロント日本文化センター(ジャパンファウンデーション)の岩永絵美(いわなが・えみ)所長は1年半の任務を終え、4月末、東京の本部に帰任します。

後任の新所長として、清水優子(しみず・ゆうこ)氏が着任しました。

岩永前所長と清水新所長の歓送迎会が、4月25日(火)午後、同センターで盛大に開かれました。(4月26日、色本信夫)

 

 

【写真】岩永絵美前所長(右)と清水優子新所長(左)

季節便り:ハイパークの桜、一部ほぼ満開であふれる大勢の見物人(4月23日)

好天にめぐまれた4月23日の日曜日、ハイパークはあふれんばかりの人、人、人。

グレナディエ池に下る坂道の桜並木はほぼ満開ですが、木によってはまだつぼみもありますので、今週半ばまで見頃が続くでしょう。

  

 

 

坂道を下ったところの2001年に植樹した桜は、まだ一部開花したばかりなので(写真下)、この週末が見頃でしょう。

Parkside 通り側の桜並木はまだつぼみ状態でした。満開になるには10日間くらいかかりそうです。

週末の花見はできるだけ車はさけ、地下鉄を利用したほうが懸命です。(4月23日、ノンちゃん)

 

季節便り | 23:41 | - | - |
季節便り:トロント大学構内の桜並木も9割り開花(4月20日)

トロント大学構内、Huron St.とHarbord St.のコーナー北東にある桜並木は例年はハイパークの桜より一足早く開花しますが、ことしも4月20日現在で8〜9割り開花しています。

 

 

 

桜並木としては小さいですが、木は毎年確実に成長していて、今では見事な桜の花が道行く人たちの心を和ませています。今週末までが見頃でしょう。(4月20日、ノンちゃん)

季節便り | 02:27 | - | - |
季節便り:ソーンヒルの名物しだれ桜、ほぼ満開に

ソーンヒルに住む原田のぶさんによると「毎年近所で美しいしだれ桜を楽しませてくれる大きな木が4月20日、ほぼ満開になっています。オーナーの方はロシア系の方で、昨年は残念ながら咲かなかった上、家族に不幸があったそうでがっっかりしていましたが、今年は見事に咲いて、とてもよろこんでいました」とのことです。(写真撮影:原田のぶ)(4月20日、ノンちゃん)

 

 

季節便り | 02:01 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.