カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
フード:オリジナリティーあふれるフレンチ•ビストロ「Café Cancan」

パリのビストロ風でありながら地元の食材を生かした独自の料理が魅力

 

パステルカラー調のメルヘンチックな外観から、一瞬ビストロ・レストラン?と首をかしげたくなる「Café Cancan」。約1年前にスパダイナ通りを挟んでトロント大学の反対側にあるハーボード通り(Harbord St.)にオープンしました。経営者は元高級フランス料理店「Splendido」(現在はイタリア料理店「Piano Piano」)のビクター・バリーさん。その「Piano Piano」のすぐ前に「Café Cancan」を出したのです。バリーさんは「Piano Piano」の経営者の1人でもあります。

 

Splendido」は自他共に認める高級料理店で、ちょっと入りにくい感じがありました。しかし、「Café Cancan」は名前からしても庶民的でラフな格好で食事を楽しめる雰囲気があります。バリーさんはそこらへんをくみ取ったような気がします。

 

  

▲メルヘン調?の外観         ▲内装にもリラックス感が・・・ 

   

Café Cancan」があるハーボード通りは、ここ4〜5年前からグルメ通りと言われるくらい、特色のあるレストランが並んでいます。シードルを売りにしたレストランや日本料理では寿司専門の「YASU」、オッシントン通りに近いところに「Skippa」もあります。スイーツの店も最近増えています。

 

そんな中で、「Café Cancan」は、季節の新鮮な地元の材料を生かした独自の料理を出して人気を得ています。値段はオードブルが1618ドル、メイン料理は2234ドルと一般的です。中にはフォアグラを使った65ドルという料理やキャビアやフォアグラを使った120ドルの料理もありますが・・・。

 

 

▲エスチュルジョン(チョウザメ)の燻製、ピザ風 ▲アーティチョークと生ハムのオードブル

 

オードブルは季節の野菜と生ハムをあしらったものやオリジナル野菜サラダ、チョウザメの燻製を使ったピザ風のものなどアイデアいっぱいで、しかも量がたっぷりあるのでシェアするのにぴったりです。生ガキも新鮮でオススメ(12個で32ドル)。

 

  

▲ニョッキ                     ▲鴨のコンフィ

 

 

▲ステーク・オー・ポワーブル           ▲トラウトのクリームソース

 

メインは、ニョッキ(ジャガイモと小麦粉を混ぜたパスタの一種)、ビストロ定番の鴨のコンフィ(塩漬した鴨のモモ肉を揚げた料理)やローストチキン、ステーク・オー・ポワーブル(コショウ風味ステーキ)、トラウトのクリームソースなどが人気です。

 

 

▲自家製アップルパイ。甘さを抑えた繊細なデザート ▲壁の絵が楽しいパティオ

 

デザートはその日によって違いますが、自家製アップルパイが美味しいです。ただし、焼くのに45分かかるそうで、最初にたのんでおかないとメインが終わってからだと45分間待つことになります。ウエートレスがメニューの注文を取るときにそのことを言ってくれますので、そのときに頼んでおいたほうがいいでしょう。

 

すべての料理がオリジナリティーあふれ、ワクワク感があり満足度もバッチリです。リラックスさせてくれる内装とともににこやかなサービスもいっそう料理を引き立てていました。お店の奥のパティオは楽しそうな壁の絵がいい雰囲気を出しています。

 

ランチ、ブランチメニューもあります。

www.cafecancan.com

 

*「Café Cancan

 89 Harbord Street. Toronto

 Tel:647-341-3100

 毎日オープン(営業時間はサイトを参照)

 

2018614日、ノンちゃん) 

フード | 03:21 | - | - |
フード:私のおすすめポルトガル料理レストラン「Bairrada」(中村智子さんの投稿)

味、値段、ボリュームが一致していて人気店に

 

「カナダつれづれ」のポルトガル旅行記を読んで、ポルトガル料理が食べたくなり、グルメな知り合いに以前から勧められていた、ミシサウガのポルトガル料理レストラン「Bairradaに行ってみました。http://www.bairrada.ca/(同系の店がトロント市内に3軒あります)

 

その知り合いがお勧めしていたBBQチキンは、このお店一番の人気メニューで、周りのテーブルを見ても、皆それを食べていました。辛い料理が好きな人には、ピリ辛ソースを別(無料)に頼むことをお勧めします。

 

 

▲この店の人気メニュー「チキンBBQ』  ▲今日のスペシャルスープ「コラーダスープ」.パンも自家製です  

 

今日のスペシャルメニューにあったコラーダスープとフィッシュシチューも、だしが効いていて、とてもおいしかったです。

 

ポルトガルのデザートといえば、有名なフランがお勧めです。私が行ったミシサウガ店は、フランはお店で手作りをしていました。

 

どの料理もかなりのボリュームで(写真のBBQチキンはLarge。店員には、Smallでもかなり量が多いと言われたにもかかわらず、欲張ってLargeを頼んでしまいました、値段もリーズナブル。

スープと自家製パンだけで、お腹一杯になるので、前菜は少なめに頼むといいかもしれません。

 

College Streetのお店は、裏のパティオがとてもいい雰囲気だそうで、ワールドカップなどの時は超満員だそうです

この夏、パティオでポルトガル料理を堪能してはいかがでしょうか。

 

○  ○  ○

 

ほかに丸木英朗さんからもケンジントン・マーケットに近いポルトガル料理レストラン「Amadeus」の紹介がありました。

「安くて美味しく、イワシの炭火焼きもやっています。生ビールもトロントで最もうまい店のひとつ」だそうです。

 

〈Amadeus

184 Augusta Ave. Toronto Tel:416-591-1245

 

(7月8日、ノンちゃん)

フード | 06:24 | - | - |
フード:トロントでポルトガルの雰囲気を味わえるレストラン「LISBON BY NIGHT」

シーフードとライブミュージックを楽しめる家族的な店

 

トロントには約10万人以上のポルトガル系人々が住んでいるそうです。その割りにはポルトガル料理を出すレストランが少ないのは中国人と違って家庭で食事をする習慣が多い、と聞いています。

 

ポルトガル系住民は、おもにダウンタウンの Bathurst St. より西、Dundas  St. と College St. 近辺に住んでいて、イタリア系の街、リトルイタリーともかぶっているところもあるようです。したがって、ポルトガルレストランもこの地域に点在しています。

 

今年、5月末にポルトガルに旅をしたことから、その懐かしもあってポルトガルレストランに行ってみました。いくつかある中で選んだのは「LISBON BY NIGHT」。ウェブサイトを見ると典型的ポルトガル料理を網羅していて、しかも値段がリーズナブル。ライブミュージックまであります。

 

店はダンダス通りにある入り口から階段を上がって2階にあり、ドアを開けるまで「こんなところにお客がいるのだろうか?」と一瞬、不安になりました。でも開けたとたんにビックリ!。日曜の夕方ということもあったのでしょうが、店内は祖父母から孫たちを含めた大家族の食事会テーブルがあちこち、ライブミュージックを伴ってにぎやかなこと。ウエーターに聞くと客層は、80%以上ポルトガル系の人だそうです。ライブは、時々、ポルトガルの民族音楽、ファド(Fado)をやることもあります。

 

 

▲タラのコロッケ(中央)とエビのコロッケ     ▲ライブミュ–クで盛り上がる(時々、ファドをやることもあるそうです)

 

まずはこの店自慢のサングリア(1リットル$25)でカンパイ! オードブルにはリスボンでおいしかったタラとエビのコロッケ(Cod & Shrimp Croquet,$8.75)を注文。本場より少し小ぶりでしたが、味はむしろあっさりしていておいしかったです。

 

次にシェアリング・オードブルコンボのシーフード・グリル($30.75)の盛り合わせを。ジャンボシュリンプ、タコ、イカ、パイナップルが小高く盛られて、一見それほど量が多く見えないのですが、ひとつひとつ解体?するとけっこうなボリュームがあり、十分メインになります。どれもやわらかくておいしかったです。

 

 

▲シーフード・グリル.見た目よりボリュームたっぷり   ▲イワシのグリル(メインコース)

 

私にとって、ポルトガル料理で絶対に欠かせないのがイワシのグリル(オードブルは$12.50、メインコースは$20.95)。少々焼き過ぎの感ありでしたが、味はまあまあでした。もうひとつ、リスボンでおいしかったシーフードスープ(Sopa de Marisco)をとりましたが、全くイメージがちがっていてあまりおすすめできません。

 

 

▲プディン・フラン                   ▲スペシャルデザート(Doce de Casa)

 

デザートは、ポルトガルで最もポピュラーなプディン・フラン(Pudim Flan$6、いわゆるクレーム・キャラメルのポルトガル版)とこの店スペシャルデザート(Doce da Casa、$7)を注文しました。プディンはおいしかったですが、スペシャルデザートは私には甘過ぎました。

「LISBON BY NIGHT」は全く庶民的な店ですが、高級ポルトガル料理店としては「Chiado」(College x Ossington)というレストランもあります。両方ともサマーリシャス(7月7日〜23日)のイベントに参加しています。

 

〈LISBON BY NIGHT〉

■アドレス : 802  Dundas St. W  2F(Bathurst St.の西)

■Tel : 416-603-6522

■オープン時間:水曜/午後5時〜11時、木曜/午前11時30分〜午後11時、金曜/午前11時30分〜午前1時、土曜/正午〜午前1時、日曜/正午〜午後10時30分(月曜&火曜休み)

 

www.lisbonbynightrestaurant.com

 

(7月6日、ノンちゃん)

フード | 00:39 | - | - |
フード:手作りジャムとスコーンの店「KITTEN & THE BEAR」

昨年暮れ、ギフトのラズベリージャムを一口いただいて思わず「う〜ん」とうなってしまいました。それまで口にしたどんなジャムよりおいしかったのです。もちろん好みにもよりますが、なかなか市販のジャムで気にったものを見つけるのは難しいものです。

 

少し気候も春らしくなった先日、ネットで店の名前「KITTEN & THE BEAR」を検索して行ってみました。クイーンストリート・ウエストに面した入り口は通りすぎてしまいそうなほど小さな店でした。しかし、中に入ると奥に伸びていてキッチン、テーブル席もあります。甘いジャムの香りがただようファンシーなインテリアに心もほんわかしそうです。

 

 

 

ジャムの種類は季節によっても変わるそうです。お気に入りのラズベリーはクリスマスシーズンの期間限定で、その代わり「ストロベリー、ラズベリー&クリーム」(260ml入り$12)がありました。他にブラックベリー、オレンジ&ハニー、ブラックプラム、季節によってピーチやアプリコットなどがあります。すべて手作りで、ジャムの容器のラベルに作り手のサインも付いています。

 

 

 

ジャムのほかに手作りスコーンもこの店の人気メニューです。焼いたものを店で食べたり、テイクアウトすることもできますが、冷凍スコーンもあります(12個入り$18、写真上左)。冷凍のままオーブンで約30分焼けば作り立てのスコーン(写真右、KITTEN & THE BEAR Websiteより)が味わえるという便利さが受けているようです。このスコーンとジャムの取り合わせがが絶妙なハーモニーを醸(かも)し出しています!(少し大げさかな?)

 

他の商品やお店の詳細はウェブサイトをご覧ください。

www.kittenandthebear.com

 

◎アドレス:1574 Queen St. W. Toronto(Lansdowne Aveの西)

◎Tel:647-926-9711

◎営業日&時間:水〜日曜/午前10時〜午後6時(月&火曜休み)

◎Email:mail@kittenandthebear.com

 

(3月28日、ノンちゃん)

フード | 21:43 | - | - |
フード:評判の中国フュージョン料理「DaiLo」に行ってきました。

 数年前から「Canada’s 100 Best」やトロントのレストラン関係の雑誌やネットで評判になっている「DaiLo」(大佬)に行ってきました。評判通り、平日にもかかわらず満席でした。

 

シェフは中国人のニック・リウさんで、伝統的中国料理を基本にフランス料理の風味と地元の食材を取り入れて全く新しい料理を創造しています。といってもフュージョンにありがちな「奇をてらった料理」という印象はありませんでした。

 

確かに「えっ!」と驚くような材料と調理法の組み合わせはありますが、1品1品がしっかり存在感を表わしていて、味付けも上々でした。

 

メニューはすべてシェアして食べるようになっていて、オードブル、メインという区別もありません。「できるだけいろいろな料理を味わってほしい」というシェフの意図が表れています。お取り皿はひんぱんに替えてくれます。

 

 

 

まずは「スイカのフライ」(写真上左、$11)を。甘いスイカをちょっぴりスパイシーな味付けのパン粉にまぶしてフライにしたもので、これが意外とおいしいのです。次は「スイート&サワーポーク、スチームライス付き」(写真上右、$15)。一般の酢豚のイメージとは全くちがうのですが、香ばしく焼いたにんにくとアーモンド入りソースが味の決め手に。添え物のクラゲの酢のものもマッチしていました。

 

            

 

発想がユニークという点では「チャーシュー・パオ」(写真上左、$23)にはビックリ。中身のチャーシューと包む蒸しパンを別々に盛りつけているのです。ダイナミックな「トラウトの丸揚げ」(写真上右、$38)は中国料理の定番「鯉の姿揚げ」がもとになっているのでしょう。食べやすく切り身になっているところがうれしいです。頭や骨についた肉もおいしくてしゃぶり尽くしました。

 

ほかに当日のスペシャル料理「麻婆豆腐、スチームライス付き」をいただきましたが、なんと豆腐の代わりにリコッタチーズを使っていました。そういえば見た目や食感が似ているような気がします。黒豆の豆板醤で味付けされていて、これはこれで別物の「麻婆豆腐」としておいしかったです。もち米を使ったごはんと合いました。

 

 

 

デザートはライスプデイング(写真上左、$8)とアジアンペア(写真上右、$8)をいただきました。ふつうライスプデイングはどろどろ状でグラスに入ってきますが、ここではプリンのように固めていてココナッツ入り甘いソースとマッチしていていました。ナシのデザートもやわらかく火が通されていて、甘さをおさえたウィッピングクリームもおいしかったです。

 

他にもいろいろメニューがありますが、いずれにしてもメニュー名が同じでも内容は全くちがったものが現れますので、そのぶん楽しみがふえます。それに個人個人のお腹の具合に合わせてオーダーできますので、思いのほかお手頃の予算ですむことになります。そこがこの店の人気のひとつかもしれません。

 

〈DaiLo〉

■アドレス:503 College Street,  Toronto(バサーストの西)

■Tel : 647-341-8882

■オープン時間:火〜日曜の午後5時30分〜11時

www.dailoto.com

 

(3月1日、ノンちゃん)

 

 

 

フード | 22:22 | - | - |
フード: 「ウインターリシャス」─「波」のお得和食コース

トロントでは恒例の「WINTERLICIOUS」(ウインターリシャス)が1月27日(金)から始まりました。今年は各国料理や話題のメニューを供する約220軒のレストランが参加しているそうです。ランチは$18、$23、$28の3種、ディナーは$28、$38、$48の3種で、いずれも前菜、メイン、デザートの3コースになっています。

 

もともとは、 レストラン来店客が少ない真冬の時期を活性化するために編み出された企画でしたが、今ではすっかり定着して、多くのお客さんに人気のイベントとなっています。お店によっては高値の花のように感じるレストランでも、行くチャンスかも・・・。

 

日本レストラン関係では「波」が参加しています。ディナーは$38で、前菜は6種、メインは4種、デザートは3種から選ぶことができます(ランチは3コース$23。内容は変わります)。

 

                                                                             

これらの中から前菜は「刺し身盛り合わせ」(写真上左)と「天ぷら盛り合わせ」(写真上右)、メインは「寿司と刺し身の盛り合わせ」(写真下左)「うな丼」(写真下右)を選びました。

 

 

 

このほかに前菜では「まぐろのたたき」や「海草サラダ」など、メインには「サーモン照り焼き」や「ビーフ照り焼き」があります。すべてのメニューに味噌汁がつきます。

 

 

 

デザートは「ほうじ茶のプリン」(写真上左)と「抹茶アイスクリームの小豆(あずき)あん添え」(写真上右)をいただきました。「ほうじ茶のプリン」はほうじ茶の香りがプリンにマッチして、さわやか感抜群の逸品でした。

www.namirestaurant.ca

 

この「ウインターリシャス」は2月9日(木)まで開催されています。www.toronto.ca/winterlicious.com

 

(1月28日、ノンちゃん)       

 

 

 

フード | 03:03 | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.