カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
時事ニュース:戦傷者の競技大会「INVICTUS」トロントで開催

ハリー英王子迎え17カ国の選手たちが熱戦を展開

 

世界の紛争地に兵士として派遣され負傷した戦傷者たちが出場する国際競技大会「INVICTUS  GAMES  2017」(インヴィクタス2017)が、9月23日から1週間にわたりトロントで開かれ、市内のいくつかの競技施設で熱戦を展開。30日夜、トロント・ダウンタウンのエアカナダセンターで閉会式が行われました。

 

今回参加した国は(ABC順に)、アフガニスタン、オーストラリア、カナダ、デンマーク、エストニア、フランス、ジョージア、ドイツ、イラク、イタリア、ヨルダン、オランダ、ニュージーランド、ルーマニア、ウクライナ、イギリス、アメリカなど、合計17カ国。

 

各国の選手たちは、アーチェリー、自転車、ゴルフ、インドア・ローイング、重量挙げ、シッティング・バレーボール(コートに座ってプレイするバレーボール)、水泳、車椅子バスケットボール、車椅子ラグビー、車椅子テニスなどの競技で、奮闘しました。

 

30日の閉会式では、イギリス王室のハリー王子が、アフガニスタン戦争で両足と右腕を失った元英軍兵士マーク・オームロッド選手(Mark Ormrod =種目インドア・ローイング)にシルバーメダル勲章を贈る場面もあって、多くの人々を感動させました。

 

インヴィクタス競技大会は、ハリー王子の発案で創設され、第1回目は2014年に英国ロンドンで開催されました。

次の大会は、2018年にオーストラリアのゴールドコーストで開かれる予定です。2018年には同地でコモンウェルス・ゲームス(英連邦競技大会)が開催されるので、その競技施設をインヴィクタスが使用することになります。

 

(10月1日、色本信夫)

 

スポンサーサイト
- | 03:16 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.