カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
季節便り:ミシサウガ、秋のクレジットリバー

サーモンの遡上(そじょう)に自然界の生きざまを見る

 

サンクスギビングデー連休の10月8日にトロント近郊で手軽に紅葉とサーモンの遡上(そじょう)風景が見られるミシサウガのクレジットリバーに行ってきました。今年は夏から秋にかけて天候が不順だったので、例年のようにサーモンが見られるかどうか半信半疑でしたが、自然界の営みはいつも通りでした。遡上の時期としてはもう最終期でしょう。  

 

 

▲ミシサウガ市内を流れるクレジットリバー      ▲川面に見える黒っぽい魚群は体長1メートルほどのサーモン

 

オンタリオ湖から川の上流に産卵のため向かうサーモンの壮絶な自然の闘いぶりは見ていて涙ぐましささえ感じます。川にはすでに産卵を終えたサーモンの死骸が散乱しており、鳥の餌食になっていて思わず目をそらしてしまいました。自然は時に残酷です。

 

 

▲橋の上からサーモンの遡上を見る人たち    ▲橋の左にあるクレジットリバー支流の小滝を必死にのぼるサーモン

 

カレドン地域のオレンジビルを水源にオンタリオ湖まで流れているクレジットリバーは、ミシサウガ市内で Mississauga Road とほぼ平行して流れています。サーモンの遡上がより多く見られるのは、川幅が広く、浅瀬がある Eglinton Ave. W. 近辺のあたりから Burnhamthorpe Road の間のカルハム・トレイル(Culham Trail)です。川底が浅いので、サーモンの動きが手に取るようにわかります。

QEWから Mississauga Road を北に上がり、Eglinton Ave. W. を越えて2ブロック北へ行った Barbertown Road を右折するとクレジットリバーに架かる橋があリ、ここでサーモンの遡上を見ることができます。さらにトレイルを南下して Eglinton Ave.の下の橋からもサーモンが多く見られます。

 

1010日、ノンちゃん)

 

季節便り | 02:52 | - | - |
スポンサーサイト
- | 02:52 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.