カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR










MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
コミュニーティーニュース:新移住者50周年記念パーティー

日系文化会館で盛大に開催、出席者に記念誌「トロント新移住者50年の歩み」配布

 

戦後日本からの移住が1967年に始まり今年で50年を迎えたことを祝って「新移住者50周年記念パーティー」が、1012日(木)夜、トロントの日系文化会館で開催されました。主催は新日系コミッティー(NJCC、旧トロント新移住者協会)・日系文化会館(JCCC) 。この日、およそ390人が出席し、大勢のボランティアの皆さんの協力のもと、盛大なイベントになりました。

 

今回のパーティーのテーマは「縁(えにし)」。移住者たちのカナダでの運命的なつながりを永続できるようにという願いが込められているそうです。

 

 

▲スピーチをする伊藤恭子総領事        ▲移住した当時の思い出を語る加藤欽也元トロント新移住者協会会長

 

プログラムはNJCCの武元昭儒(たけもと・あきひと)代表の挨拶で始まり、2日前にトロントに着任された伊藤恭子(いとう•たかこ)総領事をはじめ、地元選出の連邦議員ヤスミン・ラタンシ氏、加藤欽也元新移住者協会会長、ゲーリー・カワグチJCCC理事長、来賓のブラジル移住者松本富子さんが、それぞれ興味深いスピーチを行いました。

 

伊藤新総領事はスピーチで「このパーティーに出席するために予定を繰り上げてトロントに来ました。以前、オタワの大学に留学、日本大使館に勤務していましたので、カナダとは深い縁があります。今日、日本とカナダが良好な関係でいられるのも戦前の一世、二世など日系人の皆様、そして戦後の新移住者たちの皆様の勤勉さと努力のおかげです。今後ますますのご活躍を祈っています」と話されました。

 

鏡開きで気勢をあげた後、皆さんお待ちかねのディナータイム。お寿司をはじめ、魚、肉、野菜、そば、パスタなどバラエティーに富んだメニューで、参加者たちの間では「パーティー券$20にしてはずいぶん豪華だね」という声があちらこちらから聞こえました。

 

会場のスクリーンには、30年以上も昔の「トロント紅白歌合戦」の舞台風景が長時間、ビデオ上映され、出席者の中には「あれっ! 私の歌っている姿が・・・」と、興奮ぎみにじっと見入る人もいました。

 

 

   

▲エンターテイメントの部、和楽器とのコラボで踊るフラメンコ   ▲「トロント新移住者50年の歩み」の表紙

 

50数年前にカナダに渡り、その後、次々とやって来る新移住者たちのお世話をしたという永井睦(ながい・むつみ)さんの回顧録朗読やエンターテイメントのショーを楽しみました。最後はラッフルチケットの抽選会。日系の商店/レストラン、企業などから提供された商品や食事券など盛りだくさんの賞品がありましたが、残念ながら私は当たりませんでした。

 

なお、今回のパーティーに合わせて「トロント新移住者50年の歩み」と題する記念誌が発刊されました。

記念誌の企画は、NJCCの新移住者50周年記念誌実行委員会のメンバーを中心に作年6月から準備が開始され、1年以上かけて完成しました。各方面からの祝辞、多数の移住者からの寄稿、日本語学校、移住年代別による座談会など、まさにトロントにおける新移住者の歴史や生活が多岐にわたって紹介された記念誌と言えるでしょう。帰りがけ、参加者全員にこの記念誌が配布されました。

 

1013日、ノンちゃん)

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 06:09 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.