カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
コミュニティーニュース:トロント初の女性総領事

伊藤恭子(いとう・たかこ)新総領事、抱負を語る

 

▲伊藤恭子トロント総領事

 

10月10日、伊藤恭子(いとう・たかこ)在トロント日本国総領事が着任しました。トロントでは初の女性総領事です。着任早々、1012日には日系文化会館で開催された「トロント新移住者50周年記念祝賀パーティー」で意義深いスピーチを行い、多数の出席者たちと交流を図るなど、精力的な活動を始めています。

 

伊藤総領事は、北海道名寄市出身、上智大学法学部国際関係法学科卒業。1985年外務省に入省したあと、88年オタワのカールトン大学ノーマン・パターソン国際関係研究所修士課程終了。88年から91年までオタワの在カナダ日本国大使館に勤務しました。

 

その後、国連日本政府代表部、在マレーシア日本国大使館、アジア欧州協力室首席事務官、経済連携協定交渉官、人権人道課首席事務官兼国際組織犯罪室首席事務官、開発協力企画室長、在インドネシア日本国大使館参事官、ASAN 日本政府代表部公使参事官、国際報道官などを歴任。トロント赴任の前は2016年—17年に儀典総括官(宮内庁式部官併任)という役職に就いていました。

 

趣味は、琴・三味線などの邦楽演奏、骨董収集、ゴルフ、旅行、スキューバダイビング、美味いもの食べ歩き、と多彩です。また1987年にはカナダ全国剣道選手権大会で優勝という経歴の持ち主でもあります。家族は、カナダ人の夫と2人のお子さん(1男1女)がいらっしゃいます。

 

 

【着任のご挨拶】(トロント総領事館ホームページより転載)

 

10 10 日、トロント総領事として着任いたしました。かつて外務省の在外研修プログラムの2年間をオタワで過ごし、その後在カナダ日本大使館で勤務した私にとって、カナダへの赴任は 26 年ぶり度目となります。夫がオタワ出身のカナダ人であるため、カナダにはこれまで幾度となく訪問してきましたが、カナダ最大の都市トロントにおいて、在留邦人と日系人、あわせて約万人が居住するオンタリオ州を管轄する総領事となる今回の赴任では、その重責に身の引き締まる思いがいたします。

 

本年、カナダでは建国 150 周年が祝われていますが、日本においても今年は明治維新から 150 周年にあたります。同じ年に近代国家としての道を歩み始めた両国ですが、長い歴史と多くの人口を有しながら資源に乏しく、鎖国政策から国を開き始めた島国の日本と、広大な国土に豊富な資源を有し、多くの移民を受け入れながら国家を発展させ始めたカナダとは、極めて対照的であったと言えましょう。その後、異なる歴史の道をたどりながらも、今日の両国は共通の価値観を共有する先進国であり、Gや国連等の様々な場におけるパートナーとなりました。また、両 国を取り巻く国際情勢も変化し、環境、テロ、国際経済、感染症等、共通のグローバルな課題にも直面しています。

 

このような二国間関係を築く上で、日本及びカナダの両国においてこれまで数えきれない 方々がなされた努力に対し、深く敬意を表したいと思います。そして、その方々の拓いてくださった道をさらに踏み進め、より良い日加関係を様々な分野で推進するために、私も微力ではありますが職務に励む所存です。

 

カナダにおける日本についての理解の促進、両国間の交流の活発化、日本企業や日本の地方自治体による海外での活動支援、在留邦人やカナダに渡航される日本人の方々の安全確保等、総領事館のなすべき職務は多岐にわたりますが、皆様の御支援やご助言も受け、皆様とともに協力して取り組んで行きたいと思います。

 

明年は日加外交関係樹立 90 周年を迎え、日加間の交流もますます活発に行われる予定です。そのような時期にこの地において、皆様と共に様々な行事を作り上げて行くことを心より楽しみにしております。

 

1017日、まとめ=色本信夫)

 

スポンサーサイト
- | 02:41 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.