カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
つれづれ随想:知人の突然の訃報に思うこと

佐々木康子さんの葬儀で同年代の人たちの話題は「明日は我が身か」

 

先日の日曜日(1119日)、昔からの知人、佐々木康子さんの葬儀がトロント市スカーボロのハイランド葬儀場で行われました。康子さんは76歳でした。

 

  

▲佐々木康子さんの葬儀会場風景               ▲康子さんの遺影

 

▲中央の写真は佐々木夫妻

 

当日は、康子さんがこれまで5年前に亡くなったご主人の佐々木成喜さんと共に日系文化会館(JCCC)や新移住者協会関連のボランティアを活発にされていたこともあり、多くの参列者が集まりました。

 

康子さんは1023日にトロントを発ち、日本へ行って11月8日にこちらへ戻ってきました。その後、友人の中山あつ子さんが何回も電話をしても出てこないので、東京の妹さんに電話をすると「姉は8日に帰り、トロントに着いてこれからお風呂に入ると電話がありましたよ」と、言われたそうです。

「それはおかしい」と思った中山さんは康子さんのコンドミニアムの合鍵を託されていたので、1110日になって友人の土山悦子さんと一緒に康子さんのコンドミニアムを訪ねました。

すると、バスルームのバスタブにうつ伏せ状態で亡くなっていたのを発見したそうです。すぐにコンシエルジュに連絡し、警察が来て専門のドクターを呼び、検視のため搬送されたそうです。結局、亡くなったのは、トロントに戻った11月8日で、死因はまだはっきりした病名が警察のドクターから来ていないそうです。

 

康子さんにはトロントに親族がいないため、東京の妹さんに連絡し、妹さんとその息子さん(康子さんの甥=喪主)が葬儀に参列しました。

 

今回のことは本当に突然で、多くの人が割合最近彼女に会っているのです。私も新移住者50周年記念のパーティーの時(10月12日)会っています。ちなみにそのパーティー券は彼女から購入しました。

 

葬儀では友人代表で、沖令子さんが生前の彼女のエピソードを涙ながらにお話ししました。「康子さんは何でもはっきり言う方で、私がもたもた料理をしたり、掃除をしていると嫌味を言いながらもパッパとやってくれました。カラオケを歌っていると『歌う人は天国でしょうが、聞く方は地獄よね』と言われました。ゴルフも私の方がずっと経験が多いのに彼女の方が成績は上です。なんでもこなす方でした。まだ亡くなったことが信じられません。どこからか『令子さん、何やっているの?』と、言われそうです」。

 

葬儀の後のレセプションで、用意されたお食事をしながら、話題はもっぱら「人間いつどうなるかわからない」と。そして、「この前、〇〇さんが亡くなった」とか「誰それさんも危ないみたい」という話が中心に。やはり、そんな年齢なんですね。

 

           

 

そういう私も1カ月ほど前の金曜の夜、突然大量の血尿が出て、もうびっくり。特別な痛みはなく、ただ血尿が大量に出るのです。72歳半になる今の今まで「体が丈夫」だけが取りえでした。風邪も滅多に引かないし、手術はスキーでひじを折った以外なし。盲腸もしっかりありますし、常用の薬もなし。ただ、寝付きはいいけれど、夜中に目が覚めて眠れないことが時々あるため、翌日のことを考えてドクターが処方してくれた軽い睡眠導入剤を服用しています。

 

さて、その時の血尿は止まる気配がないので、ノースヨークジェネラル病院の救急へ駆けつけました。待合室には週末とあってたくさんの患者がいました。交通事故のような緊急ではないせいか、かなり待たされ、血液と尿検査をして約2時間後に結果が出ました。「炎症を起こしているので、とりあえず、抗生物質5日分を出しますので服用してください。念のためファミリードクターに連絡して専門医を紹介してもらいなさい」と。

 

当日は薬局が閉まっていたので、翌朝、抗生物質を購入しました。しかし、翌朝には血尿はもうでなくなっていたのです。それでも指示されたように抗生物質を服用しました。ファミリードクターに連絡すると、「抗生物質の服用が終わってからいらしてください」とのこと。

 

その間、自分なりにネットで調べたり経験者などから聞きました。大方は「痛みの伴わない血尿は膀胱がんの可能性が高い」と。私の場合、まさにその通りでした。しかし、「初めての血尿で気がつけば早期発見で手術は軽くて済む」とあり、すぐにスペシャリストの予約をお願いすると、なんと3カ月後の2018年1月末に。私としてはすぐにでも白か黒かはっきり知りたいし、心の準備もあります。

 

その後、ファミリードクターの尽力で2回、血液や尿検査(細胞も)をして、今のところ「悪い兆候はなし」ということ。でもまだスペシャリストの検診は行っていないので、確実に白とは言い切れません。少しでも早い、検診を待っているところです。

 

一番知りたいのは血尿の原因ですが、思い返せば、その頃、体調があまりよくなかったし、睡眠もあまり取れていませんでした。その後血尿は1度だけ、ほんの少しありました。その時もすごく疲れていました。

 

人間の体は微妙です。ましてや高齢になると、それまで何でもなかったことが免疫や抗体の低下で病いを引き起こすのでしょう。今まで「私は丈夫」と自負していたのが総崩れしてしまい、いい薬になりました。もう、何が起きても驚かないよう、心の準備をしています。

 

1122日、ノンちゃん)

 

 

- | 06:12 | - | - |
スポンサーサイト
- | 06:12 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.