カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新刊紹介:細川道久著「ニューファンドランド」

英国最古の海外植民地だった辺境の地が「カナダになる」までを追う

 

 

 

カナダ研究家で、これまでカナダに関する著書多数を上梓している鹿児島大学教授の細川道久氏が、11月に「ニューファンドランド いちばん古くていちばん新しいカナダ」と題する本を彩流社から出版しました。

 

著者はまえがきで、「ときにアメリカ合衆国の51番目の州と皮肉られることもあるカナダは『巨象の隣にいるネズミ』にたとえられるように、圧倒的に存在感は小さい。とはいえ、隣国アメリカ合衆国の影響を受けながらもユニークな存在であり続けるカナダは、私のような『カナダ・オタク』にはたまらない魅力がある」と述べています。

 

その上で、イギリスの最も古い海外植民地で、第二次世界大戦後、カナダの最も新しい州として誕生したカナダ最東端の地ニューファンドランドにスポットを当てたのが本書です。

 

1867年、ケベック州、オンタリオ州、ノヴァスコシア州、ニューブランズウィック州の四つの州がカナダ自治領(ドミニオン・オブ・カナダ)という連邦体を結成。これがカナダの建国となっています。このあと、1870年マニトバ、1871年ブリティッシュ・コロンビア、1873年プリンスエドワード島、1905年アルバータ、サスカチュワンが加わりました。

 

1949年にニューファンドランド島およびケベック州と接するラブラドール地方がニューファンドランド州としてカナダに仲間入りしました。このカナダ10番目の州は、2001年、ニューファンドランド・アンド・ラブラドール州(Newfoundland and Labrador)と改称され、現在に至っています(本書では「ニューファンドランド州」と表記)。

 

では、イギリス最古の海外植民地ニューファンドランドが、どのような経緯でカナダに編入したのであろうか。それをニューファンドランドのみならず北大西洋世界の動きに注目して描いてみるのが本書のねらいとなっています。

 

本書は、「第I部 カナダ編入前史」と「第II部 カナダ編入」の二部で構成されています。第I部では、大航海時代からイギリスの行政管理統治下に置かれた1930年代までをカバー、第II部は、第二次世界大戦ぼっ発からカナダへの編入までを扱っています。

 

大航海時代にニューファンドランド沖の大西洋に豊富なタラの漁場「グランドバンクス」が発見され、ヨーロッパの国々からの漁民で賑わいました。ヨーロッパの食糧事情の改善を求めて、「海のビーフ」と呼ばれるタラの需要が高まったのです。しかしタラ漁場は冬の期間は操業ができないことから、季節的な要素が強くなりました。さらにヨーロッパでの英仏抗争が北米にも影響が広まるなど、ニューファンドランドは人々の定住化が進まない状態でした。

 

本書では、ニューファンドランドがカナダ連邦との統合案が、漁業協定をめぐる紛争などでうまく行かず、挫折したいきさつが分かりやすく述べられています。第二次世界大戦が始まり、カナダはセントローレンスの河川と湾に接するニューファンドランドの防衛がカナダの安全に欠かせないとみられるようになりました。北大西洋の防衛の要(かなめ)としてその重要性を強く認識したのです。

 

こうしてイギリスとカナダがニューファンドランドをカナダ編入に導いたとされています。このカナダ編入には「陰謀説」があると唱える人が現れて、大きな話題を呼んだようですが、陰謀説のてんまつが詳細に記述してあるのが、興味深いです。

 

とにもかくにも1949年3月31日、ニューファンドランド州が成立しました。住民代表者会議や住民投票での対立、その後も続いた反対派による抵抗と、じつにさまざまな出来事がからみ合い、難産のすえにニューファンドランド州は誕生したのです。

 

著者の細川氏は、本書の随所にカナダやニューファンドランドに関するクイズを読者に投げかけていて、読書中、ちょっとした頭の体操を楽しませてくれます。また、各章の末尾に載っている「コラム」の閑話休題的な話題がおもしろい。例えば、「ニューファンドランド犬とラブラドール犬」などは、愛犬家ならずとも目を引かれるコーナーとなるに違いありません。

 

「ニューファンドランド いちばん古くていちばん新しいカナダ」

細川道久•著

彩流社

定価:2400円

 

(12月24日 まとめ:色本信夫)

 

スポンサーサイト
- | 06:55 | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.