カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
トピックス:聴衆を魅了、若き音楽家をサポートする「第6回チャリティコンサート」

才能あふれる熱演ぶりに感動させられた音楽会

 

音楽家を目指す20歳前後の若い人たちをサポートする「Musicians‘ Dream Aid MDA)第6回チャリティコンサート」が6月3日(日)、トロント市フォレストヒルGrace Church-on-the-Hillで開催されました。

 

MDAは、トロントの高校生が設立したNPOです。コンサートの収益は、音楽家を志す学生達の支援に使われます。

今回のチャリティコンサートでは、国際コンクールやカナダの全国大会で活躍している学生達がバッハ、モーツァルト、ショパン、リスト、プロコフィエフ作曲のピアノ、バイオリン、フルート、声楽曲を演奏し、その熱演ぶりが聴衆に感動を与えてくれました。

  

  

Anson Huiさん              ▲Katelyn Birdさん          ▲Arthur Chakhmakhchyanさん

 

第1部のトップは、ピアノのAnson Huiさん

彼は、19歳でトロント大学2年生。インディアナ大学ピアノコンクール第1位、インディアナポリス・オーケストラ・コンチェルト・コンクール第1位はじめ、数多くの賞を受賞。

 

次にソプラノのKatelyn Birdさん。

21歳で、グレン・グールド・スクール3年生、National Association for Teachers of Singing Competition (NATs) の大学3年カテゴリーで第1位。2018年7月にはザルツブルク音楽祭に出演予定です。

 

第1部の最後はヴァイオリンのArthur Chakhmakhchyanさん。

19歳のグレン・グールド・スクール2年生。トロント市や近郊でソリストとしてオーケストラと演奏。Toronto Symphony Youth Orchestraの前コンサート・マスター。

 

 

Carter Pianoクインテットの皆さん

 

インターミッションの後はまず、5人の「Carter Pianoクインテット」の演奏で第2部が始まりました。

彼らは、ノースヨークのCardinal Carter Academyのストリングス部の学生。Cardinal Carter Academyのシニアオーケストラとして、GTA(グレーター・トロント・エリア)のキワニス音楽フェスティバルで連続優勝しています。

 

 

Feiran Biさん                       ▲Thomas Torokさん

 

続いてフルートのFeiran Biさん。

17歳でTaylor Academy学生。オークビル・チェンバー・オーケストラ・コンクールのジュニア部門第2位。中国フルート協会開催の数々のコンクールで受賞しています。

 

最後はピアノのThomas Torokさん。

ハンガリー生まれで6歳の時に両親とともにカナダに移住。現在20歳で、グレン・グールド・スクール1年生。2014年MostArtsピアノコンクール第2位、2016年ニューヨーク国際ピアノコンクール第2位。2017年夏には、マイアミサマー音楽フェスティバルやカーティス音楽学校で開催されたPhiladelphia Young Pianists Academyで演奏するなど各地で活躍しています。

 

当日の演奏プログラムは以下の通りです。

 

 

▲当日のコンサートに出演した演奏者たち

 

世の中に音楽家を目指す人たちは数多くいます、その中で頭角を現すためには努力、才能、そして周囲のサポートが必要です。彼らの熱演を見ていて、将来、彼らの夢がかなうことを願わずにはいられませんでした。本当に素晴らしいコンサートでした。次回も楽しみです。

 

2018年6月4日、ノンちゃん)

 

トピックス | 23:50 | - | - |
スポンサーサイト
- | 23:50 | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.