カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
フード:オリジナリティーあふれるフレンチ•ビストロ「Café Cancan」

パリのビストロ風でありながら地元の食材を生かした独自の料理が魅力

 

パステルカラー調のメルヘンチックな外観から、一瞬ビストロ・レストラン?と首をかしげたくなる「Café Cancan」。約1年前にスパダイナ通りを挟んでトロント大学の反対側にあるハーボード通り(Harbord St.)にオープンしました。経営者は元高級フランス料理店「Splendido」(現在はイタリア料理店「Piano Piano」)のビクター・バリーさん。その「Piano Piano」のすぐ前に「Café Cancan」を出したのです。バリーさんは「Piano Piano」の経営者の1人でもあります。

 

Splendido」は自他共に認める高級料理店で、ちょっと入りにくい感じがありました。しかし、「Café Cancan」は名前からしても庶民的でラフな格好で食事を楽しめる雰囲気があります。バリーさんはそこらへんをくみ取ったような気がします。

 

  

▲メルヘン調?の外観         ▲内装にもリラックス感が・・・ 

   

Café Cancan」があるハーボード通りは、ここ4〜5年前からグルメ通りと言われるくらい、特色のあるレストランが並んでいます。シードルを売りにしたレストランや日本料理では寿司専門の「YASU」、オッシントン通りに近いところに「Skippa」もあります。スイーツの店も最近増えています。

 

そんな中で、「Café Cancan」は、季節の新鮮な地元の材料を生かした独自の料理を出して人気を得ています。値段はオードブルが1618ドル、メイン料理は2234ドルと一般的です。中にはフォアグラを使った65ドルという料理やキャビアやフォアグラを使った120ドルの料理もありますが・・・。

 

 

▲エスチュルジョン(チョウザメ)の燻製、ピザ風 ▲アーティチョークと生ハムのオードブル

 

オードブルは季節の野菜と生ハムをあしらったものやオリジナル野菜サラダ、チョウザメの燻製を使ったピザ風のものなどアイデアいっぱいで、しかも量がたっぷりあるのでシェアするのにぴったりです。生ガキも新鮮でオススメ(12個で32ドル)。

 

  

▲ニョッキ                     ▲鴨のコンフィ

 

 

▲ステーク・オー・ポワーブル           ▲トラウトのクリームソース

 

メインは、ニョッキ(ジャガイモと小麦粉を混ぜたパスタの一種)、ビストロ定番の鴨のコンフィ(塩漬した鴨のモモ肉を揚げた料理)やローストチキン、ステーク・オー・ポワーブル(コショウ風味ステーキ)、トラウトのクリームソースなどが人気です。

 

 

▲自家製アップルパイ。甘さを抑えた繊細なデザート ▲壁の絵が楽しいパティオ

 

デザートはその日によって違いますが、自家製アップルパイが美味しいです。ただし、焼くのに45分かかるそうで、最初にたのんでおかないとメインが終わってからだと45分間待つことになります。ウエートレスがメニューの注文を取るときにそのことを言ってくれますので、そのときに頼んでおいたほうがいいでしょう。

 

すべての料理がオリジナリティーあふれ、ワクワク感があり満足度もバッチリです。リラックスさせてくれる内装とともににこやかなサービスもいっそう料理を引き立てていました。お店の奥のパティオは楽しそうな壁の絵がいい雰囲気を出しています。

 

ランチ、ブランチメニューもあります。

www.cafecancan.com

 

*「Café Cancan

 89 Harbord Street. Toronto

 Tel:647-341-3100

 毎日オープン(営業時間はサイトを参照)

 

2018614日、ノンちゃん) 

フード | 03:21 | - | - |
スポンサーサイト
- | 03:21 | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.