カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アート・文芸:【BOOK紹介】世界が憧れた日本人の生き方

天野瀬捺/著

ディスカヴァー携書/発行

定価/1000円+税 (電子書籍・864円)

 

 

「現代を豊かに生きる智慧は、かつての日本にこそ眠っている」──本書は、主として江戸時代末期から明治の初めに日本を訪れた外国人たち36人から見た日本人の生き方を取り上げています。これらは現代の西洋化された日本では忘れられたものも多い。しかし、日本人のどこかに眠っている。それを呼び起こしてしてくれる書でもあります。

 

目次から例を取ってみましょう。

1 シンプルさのなかに豊かさを見いだす

2 どんな相手も尊重する

3 いつも陽気である

4 教養を身につける

5 自然とともに生きる

6 必要な道徳心を備える

7 進んで相手をもてなす

8 共存共栄に生きる

最終章 現代に生き続ける日本の美徳

 

これらを記した外国人は、外交官や旅行家、学者、貴族などさまざまな分野の人たち。中にはシーボルトやアインシュタインのように馴染みの名前もありますが、ほとんどが初めて目にする人たちです。驚くのは当時、今のように交通が発達していないにもかかわらず、多くの外国人が日本に興味を持って訪れ、日本について記した書物を残していること。

さらにそのことに着眼した著者の探究心は、参考文献の多いことからも敬服するばかり。著者の熱い思いは「おわりに──いまこそ、日本ルネッサンスを!」に集約されていると感じました。

 

○   ○   ○

 

本書は昨年12月末に発行されたばかりの新刊書です。著者・天野瀬捺(あまの・せな)さんは千葉県出身で、トロントのセネカカレッジ卒。カナダをはじめオーストラリア、スイスなど海外に約20年在住し、現在は沖縄に住んでいます。こうした経験から日本を客観的に見る目が養われたのでしょう。トロント在住時代には「第25回日加タイムス文学賞」(2006年)に自らの体験を著した小説「フライトアテンダント物語〜小夜子のスッチー見聞録〜」が入選し、日加タイムスに連載されました。(1月27日、ノンちゃん)

スポンサーサイト
- | 00:40 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.