カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
話題の人:全カナダ日本語弁論大会に日本ファンのオリンピック選手が出場!

毎年3月に行われる全カナダ日本語弁論大会の地区予選BC州弁論大会にフィギュアスケート・オリンピック選手の「ケビン・レイノルズ」さんが出場し、予選を通過したそうです。

 

ケビンさんは日本語のできるイケメン選手として人気も抜群。残念ながら賞を獲得することはできませんでしたが、きっとこれからも日本語の勉強を続けていくことでしょう。

 

 

 

44日、在バンクーバー日本国総領事館と日本ーカナダ商工会議所(JC-COC)の主催で、本年度BC州日本語弁論大会の予選通過者であるBC州の大学生とJC-COCのメンバーとの交流会が総領事公邸で開催されました。

参加した学生の中には3月18日の全国大会上級部門で一位となったシンシア・カーティさん、そしてフィギュアスケート・オリンピック選手の ケビン・レイノルズさんの顔もありました(写真上左)。

 

ケビンさんが日本語を学ぶようになったきっかけは、2008年のNHK杯に出場のチャンスを得たことからでした。「家の近くの日本語学校に通い始め、帰国後2012年から副専攻として大学でも学ぶようになりました」と話してくれました。

 

岡井朝子総領事(写真上右)のスピーチでも「(カナダ人が)日本語を話す機会を増やしていきたいのですが、そのためには日本語を話せることのメリットが必要であり、そのポテンシャルを広げていきたいです」と話されていました。

 

ケビン・レイノルズさんのような人気選手が日本語を話すことで、カナダ人に日本語熱がますます深まるといいですね。〈情報提供/妹尾 翠〉(4月10日、ノンちゃん)

 

 

話題の人 | 06:20 | - | - |
スポンサーサイト
- | 06:20 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.