カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅:〈パリ編3〉変わらないマルシェ(朝市)から始まるパリの生活

スーパーマーケットやコンビニ的店が増えたとはいえ、私にとってマルシェはパリの生活に無くてはならない存在です。市内には週2回立つ青空市場が、常設市場を加えると約90カ所もあるそうです。何といっても新鮮でその割りに値段も安いのが魅力。最近は若い人はだんだんスーパーやコンビニ派が増えたようですが、昔からの朝市常連客はしっかり根付いているようです。

 

 

 

 

今回、7年ぶりにパリで一番評判のいい、「プレジデント・ウイルソン朝市」(Ave.du President Wilson 16e, 毎週水曜&土曜の朝7時〜午後2時ごろまで)に行って来ました。高級住宅地のそばにあるので、マルシェの中では品がよく値段も少し高めといわれています。魚介類、肉類、野菜や果物、チーズ、お菓子やパン類はもちろん、お惣菜(パエリャやシュークルート=写真上、ローストチキン、パスタなど種類は豊富)、花、衣類や小物まで売られています。

 

 

 

魚といえば、刺身用の新鮮なマグロもあります。しかし、最近は値段がどんどん上がって1キロ約50〜98ユーロ(1ユーロ=1.5カナダドル)もします。「日本人がマグロを獲りすぎるからだ」と。このマルシェでもマグロを求めてくる日本人が多いと見えて、日本人だとわかると日本語で「マグロ、マグロ」と声をかけてきます。そして、ついこのマグロのお刺身が私にとってパリの楽しみのひとつだから手がでてしまうのです。もちろん、わさびと醤油は持参して・・・。(5月13日、ノンちゃん)

 

 

 

| 18:40 | - | - |
スポンサーサイト
- | 18:40 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.