カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
旅:〈ポルトガル編2〉リスボン県の世界遺産、ベレンの塔とジェロニモス修道院

ポルトガルには15の世界遺産がありますが、そのうちリスボン県のベレン(リスボン市郊外)に「ベレンの塔」と「ジェロニモス修道院」の2つがあります。昨年、日程の都合で行けなかったので、今回は何としても行こうと決めていました。

 

 

▲ベレンの塔                    ▲4月25日橋とキリスト像(橋の右側)

  

このふたつは、リスボンの中心地、ロシオ広場の隣のフィゲイラ広場から市電に約30分間ゆられているうちに到着します。他に地下鉄と列車を乗り継いでも行けます。市電で行くと途中、テージョ川の対岸にキリスト像(リオデジャネイロのキリスト像を模したもの)や川にかかる「4月25日橋」を見ることもできます。

 

リスボンから行くと、一番遠くにあるのが「ベレンの塔」で、そこから歩いて10分くらいのところに「発見のモニュメント」があり、道路をはさんでそのすぐ反対側に「ジェロニモス修道院」があります。訪れる人はこの3カ所をセットにして見て回ります。

 

「ベレンの塔」は16世紀初めにマヌエル一世の元で船の出入りを監視するために建てられた要塞でした。タワーの中には国王や王族の部屋、食堂、兵器庫などがありました。また、2階には砲台があり、1階は潮の干満を利用した水牢もあったそうです。

 

  

▲発見のモニュメント。右端がエンリケ王子            ▲反対側から見たモニュメント

 

「発見のモニュメント」は、建てられて新しく、1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して作られたモニュメントです。高さ52メートルあり、近づくと帆船の先端に立つ勇敢なエンリケ王子の姿に続いて、宣教師や船乗り、学者などの迫力せまる彫像が見られます。

 

 

▲ジェロニモス修道院

 

 

▲見事な彫刻を施した南門

 

「ジェロニモス修道院」は、バスコ・ダ・ガマのインド航路開拓を記念して、エンリケ王子が建てた礼拝堂の跡地にマヌエル一世が1502年に着工した修道院です。ため息のでるような繊細で壮大な彫刻が施された南門は、聖ジェロニモスの生涯が描かれています。優美なアーチの回廊も有名ですが、中に入るのにものすごい列で1時間以上待たねばならず、今回はあきらめました。(5月27日、ノンちゃん)

 

 

| 01:40 | - | - |
スポンサーサイト
- | 01:40 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.