カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
時事ニュース:ロンドンテロ事件、BC州女性が婚約者の腕の中で息を引き取る

6月3日(土)、英国ロンドンで発生したテロ事件で、死者7人が出ましたが、その中にカナダ人の女性がいたことがわかり、カナダのメディアがその悲惨な出来事を大きく報じました。

 

この女性は、BC州キャッスルガーという町(Castlegar =ケローナ市の東南)のクリスティン・アーチボルドさん(Christine Archibald =30歳)で、彼女は事件当日、テムズ川に架かるロンドンブリッジの橋の歩道を歩いていた際、歩道に乗り上げて暴走してきたワゴン車にはねられました。

アーチボルドさんは、婚約者のカナダ人男性、タイラー・ファーガソンさんの腕に抱かれて息を引き取りました。

 

アーチボルドさんは、学校で社会福祉学を専攻、カルガリーにあるホームレス・シェルターで仕事をしたあと、ファーガソンさんが住むオランダに転居。6月に入り二人は週末をロンドンで過ごすため英国を訪れていて、この悲劇に遭遇しました。オランダで仕事をしているファーガソンさんの雇用契約期間が切れたあと、カナダに帰って、結婚する予定だったそうです。

 

テロの犯人3人は、ロンドンブリッジの歩道をワゴン車で暴走したあと、付近のボロー・マーケット(Borough Market =市場)のレストラン数軒を襲い、ナイフで人々を次々と刺し、駆けつけた警察に射殺されました。この事件で、7人が死亡、48人が負傷しました。(6月6日、色本信夫)

 

 

スポンサーサイト
- | 00:38 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.