カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
時事ニュース:モントリオール五輪スタジアムに米国経由の亡命者収容

モントリオールのオリンピックスタジアム(1976年夏季オリンピック開催)に、8月2日(水)、アメリカを経由して到着した難民の第一陣が収容されました。ハイチ、ナイジェリア、トルコ、メキシコ、そのほかの国から亡命を希望してアメリカに入国した人たちが、トランプ政権の難民受け入れ規制政策を逃れてカナダに来たもので、大部分がハイチ出身だとみられています。

 

オリンピックスタジアムは臨時の収容所として、簡易ベッドが設置され、食糧が配布されます。モントリオールのドニ・コデール市長(Mayor Denis Coderre)によると、簡易ベッドは300台ほど用意してあり、8月4日(金)現在、132人の難民が寝起きしていますが、今後の増加を見込んで、簡易ベッドの数を600台に増やす予定だとしています。

 

難民の収容期間は2〜3カ月となっていて、その後は、他の場所に移動するようになります。モントリオールではハイチ系のコミュニティー関係者などが何人かを引き取る案が出ています。また、トロントなど他の地域に移送される計画もあります。

今回の受け入れ措置は、ケベック州政府が人道的な見地から資金面で援助しており、ケベック赤十字社からのボランティアが難民たちの世話に当たっています。

 

州政府によると、米加国境を越えてケベック州に入る難民が最近急増、特に7月には2,500人に達しています。そして現在なお500人が米ニューヨーク州との境のケベック州 St-Bernard-de-Lacolle に留まっている状態です。(8月6日、色本信夫)

スポンサーサイト
- | 03:28 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.