カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR










MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
イベント情報:「Gateway to Promise」翻訳出版ブックトーク開催、9月6日&9日、JCCC

邦訳タイトル「希望の国カナダへ・夢に懸け、海を渡った移民たち 西海岸、ブリティッシュ・コロンビア州から始まった日系史」

 

   

▲英語版表紙    ▲スィッツアー夫妻     ▲翻訳チームのサンダース宮松敬子さん ▲日本語版表紙

 

カナダの日系史「Gateway to Promise - Canada's First Japanese Community (2012年初版、2017年改訂版)」の日本語版が今夏発行されました。邦訳タイトルは「希望の国カナダへ・・・夢に懸け、海を渡った移民たち−西海岸ブリティッシュ・コロンビア州から始まった日系史」です。

 

これを記念し、BC州ビクトリアから原作の著者で歴史家のアンリー&ゴードン・スィッツアー夫妻と翻訳プロジェクトを推進したフリーランス・ジャーナリストのサンダース宮松敬子さんを迎えて、9月、トロントの日系文化会館(JCCC)でブックトークが開催されます。

 

この翻訳出版プロジェクトには、20名以上の新移住者が協力して翻訳・校正を担当しました。スタートから2年近くを経て今年8月半ばに日本語版が出版されたものです。

 

「Gateway to Promise」は歴史家のスィッツアー夫妻が、初期の日本とカナダの関係から、ビクトリアの日本人 コミュニティーの形成、発展、生活、職業、教育、人口構成、カナダ人社会とのかかわり合いなどについて、当時を知る人々の証言、市や政府、教会や図書館のアーカイブから記録を丹念に掘り起こして書き上げた日系史です。

以前トロントに在住していたサンダース宮松敬子さんは、ビクトリアに移って当地に残る日系社会の歴史に圧倒されました。スィッツアー夫妻に出会い、この本を読んで、どうしても日本語にして残さなくてはならないという使命感から、この翻訳出版プロジェクトがスタートしたそうです。

 

ブックトークは、JCCC「ヘリテージ委員会」、「ウィンフォード・シニア・グループ」、「エッセイクラブ華やぎ」が協力し て 開催されます。主催者側は「戦後移住者にとって、二世、三世の方たちと一堂に集まり、先人の歩んで来た道を理解 する機会となります。是非ともご参加ください」と呼びかけています。

 

〈ブックトーク日程〉

 ◎9月6日(水)午前10時30分〜正午

  ウインフォード・シニア・クラブの例会(JCCC商工会コート)

    非会員も歓迎

 

◎9月9日(土)午後2時〜4時

 Moriyama Nikkei Heritage Centre(JCCC内日系博物館)

 4時〜5時までレセプションがあります。

 

*登録は:JCCC受付、または電話 416-441-2345

 Eメール: heritage@jccc.on.ca (件名に Gateway to Promise と記入)

 

※参加予約は会場や椅子の準備のため必要なのですが、締め切りはなく、当日予約なしで直接いらしてもお断りすることはありません。

 *当日、受付はトーク開始30分前から始めます。

 

(8月15日、ノンちゃん)

 

 

スポンサーサイト
- | 23:54 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.