カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
旅:〈ポルトガル編5〉民衆の心の叫びを歌で伝える「ファド」、その魅力にひたる

私がポルトガルへ行きたい、と思った大きな理由のひとつは本場の「ファド=Fado」を聴きたかったからです。昨年は不覚にも予定していた夜、ポルトを飲み過ぎて寝てしまい、チャンスを逃してしまいました。今年は何としてもファドを聞かねば帰ることができない、と強い決心をしていました。問題は、フラメンコと同様、どこでも夜9時過ぎから始まることです。

 

さて、ファドとはいったいどんなものでしょう。私が初めて聴いたのはたしか10年近く前、NHKの旅番組でリスボンの下町の居酒屋で歌っていたファドでした。スペインのフラメンコの歌のように人生の苦しみや淋しさをしぼり出すように歌っていました。日本の民謡、フランスのシャンソン、アルゼンチンのタンゴなども共通すると思います。

 

ただ、ファドは本来、歌手が歌うものではなく、近所のおばさんやおじさんがそれぞれの思いを歌ったものだそうです。リスボンにはそういう庶民のファド居酒屋もあるようですが、今回は、リスボンで一番(特に外国からの観光客に)人気のある「クルベ・ド・ファド(Clube de Fado)」に行きました。

 

 

▲クルベ・ド・ファドの入り口(カテドラルの裏)  ▲左端がオーナーのマリオ・パシェーコ氏。中央がファド歌手

 

クルベ・ド・ファドのオーナー、マリオ・パシェーコ氏はポルトガルでも有名なギタリストで、日本に公演に行ったこともあるそうです。そのため、日本人のお客も多いようです。私が行った日は、たまたま日本人らしきお客はいませんでしたが・・・。

 

店内は1階と2階に分かれ、1階は広いレストランになっていて食時をしながらファドを聞くようになっています。食時は夜8時からです。ファドが始まるには9時半ころからです。ファドだけ聞く場合は10時半からで、ドリンク+ショーチャージ約8ユーロです(食時を取る場合はショーチャージはありません)。

 

私たちは前日に予約をして食時とファドを楽しみました。当日はとても暑かったので、サングリアの冷たいのを1リットル注文しました。バーテンダーが作るのを見ていましたが、ただフルーツと赤ワイン、炭酸ソーダを入れて混ぜるだけではなく、ラムやコワントローなど5種類ほどのリキュールを少しずつ混ぜていました。「これがボクのスペシャル・サングリアです」と。さすが今までで一番美味しいサングリアでした(値段は1リットルで20ユーロ=約30ドル)。

 

 

▲店内はお客でいっぱい               ▲男性ファド歌手(中央)はカンツォーネ風でした

 

週日にもかかわらず店内は満員でした。予約なしではとても入れません。お客は世界各国から来ていました。私たちのとなりはブラジルから来た大家族でした。

ファドはまずは女性の歌手、オーナーのポルトガルギター、ベース、ギターの4人の演奏で始まりました。まだ若い女性でしたが、心の底から出るうめくような歌声がじ〜んときました。初めて本物を聴いた感動はいつまでも頭の奥に残っています。第2部は男性の歌手でした。もともとファドは女性の歌手が多いそうです。男性の歌手はちょっとカンツォーネのようで声はすばらしかったですが、ファド本来の心の叫びが少し欠けていたような印象を受けました。

 

クルベ・ド・ファド(Clube de Fado)のインフォメーションは、

www.clube-de-fado.comを参照してください。

 

▲ファーロの旧市街内のレストランで歌うファド歌手

 

リスボンから汽車で3時間半ほど南に下ったファーロ(Faro)というところでもファドを聞きましたが、リスボンと比べるとやはり劣ります。土地柄なのか悲痛な叫びより明るい歓喜のファドが多かったです。その歌手が言うには「ファドは悲しみだけを歌ったものではなく、明るい楽しい歌もあるのです。フランスのシャンソンだってそうでしょ?」ですって。

 

今回はプロの歌手のファドを聴きましたが、またチャンスがあれば下町のおばちゃん連中が歌うファド酒場にいってみたいと思いました。(6月6日、ノンちゃん)

 

 

 

| 00:34 | - | - |
旅:〈ポルトガル編4〉新鮮で手頃な値段のシーフード料理がいっぱい!

ポルトガルの旅の大きな目的のひとつは、新鮮な魚介類が割合安く食べられることです。大西洋に面し、地中海にも近いので魚介類の種類は豊富です。私の一押しは「イワシの炭火焼き」や「魚介スープ」、大きなエビのグリルやオリーブ油炒めなどです。どれも値段はトロントの半分以下です。

 

 

▲レストラン街では呼び込みが盛ん           ▲レストランの前に新鮮な魚がいっぱい並べられている

 

リスボンの中心地、ロシオ広場付近にはシーフードのレストラン街があり、それぞれの店の客引き合戦が盛んです。呼び込み係の腕、いえ、お口ひとつで店の売り上げがぐっとちがってくるのです。時にうるさいこともありますが、熱心に説明しているのを聞いたり見たりするのも旅の面白さだと感じました。

 

3年前にスペインのマラガに行ったとき、浜辺で「イワシの炭火焼き」を食べましたが、そのときのイワシは小ぶりで、一皿に11匹並んでいて、値段は5〜6ユーロ(1ユーロ=約1.5カナダドル)でした。小ぶりなので頭から尾まで全部食べられます。どの店もなぜか11匹なのが不思議でしたが、そのことをあとでだれかに話したとき「それはサッカーのイレブンメンバー」にちなんでいるんじゃないか、といわれました。そういえばヨーロッパはスポーツで一番人気はサッカーです。

 

 

▲大ぶりイワシの炭火焼き               ▲リスボン裏通りの庶民的なレストラン

 

ところ変わってポルトガルの「イワシの炭火焼き」は大ぶりのイワシで、どこでも一皿3〜4匹(値段は7〜8ユーロ)です。味はおいしいですが、大きいので頭から尾まで食べることはできません。私はどちらかというとマラガのイワシの方が好きです。

 

 

▲店員の後ろの中からチーズが出ている写真が食欲をそそる ▲できたてのアツアツがおいしい「干しダラのコロッケ」

 

個人的にはあまり好みませんが、ポルトガルでは干しダラ(バカリャウ=Bacalhau)の料理が盛んで、コロッケや煮込みなどいろいろな料理法で食べられています。揚げたての干しだらコロッケで人気の店「Casa de Portugues Pastel de Bacalhau)がロシオ広場から歩行者天国になっているアウグスタ通りにあります。そこのコロッケ(中にチーズが入っていて、食べるとトロリととろけてくる)だけは好きです。けっこうボリュームがあり、1個食べるとかなり満腹になります。1個3.5ユーロでした。

 

 

▲スイーツ屋さん                    ▲一番人気のパステル・デ・ナタ(エッグタルト)

 

スイーツ、ケーキやお菓子はカステラの発祥地だけあって、ポルトガル人の好物です。スイーツ屋さんも多く、たっぷり甘いので「体によくないのでは?」と心配してしまいますが、そんなことおかまいなしの国民でしょうか、皆さんたっぷりいただいています。一番ポピュラーなのはエッグタルト風のパステル・デ・ナタ(Pastel de Nata)です。店によって大きさ、甘さも多少ちがいますが、スイーツのなかでは甘さ控えめの方でしょう。

 

ポルトガルのお酒といえば、甘いデザート酒のポルトが有名です。リスボンではチェリーで作ったポルトのようなジンジャ(Ginja)が好まれていて、ロシオ広場の近くにカウンターだけの小さな専門店(A Ginjinha=ア・ジンジアーニャ)があります。ショットグラスに1杯ひっかけていく人たちでにぎわっています。

 

 

▲大きなメルカード(市場)内のレストラン部門           ▲フィゲイラ広場の小さなメルカード

 

リスボンには古い歴史のある大きな市場(メルカード)があり、食品売り場のとなりに新しく80件以上のレストランセクションが設けられています。中央がフードコートのように各店で買ったものを食べられるテーブルコーナーになっています。規模はぐっと小さくなりますが、ロシオ広場のとなりのフィゲイラ広場にもメルカードがあります。ちょっと果物や飲み物を買うのに便利です。

 

旅をする楽しみの1つは何といってもその土地の料理を味わうこと。その点ではポルトガルは絶好の目的地といえるでしょう。(5月31日、ノンちゃん)

 

| 17:05 | - | - |
旅:〈ポルトガル編3〉リスボンの7つの丘を走るレトロな市電とケーブルカー

リスボン名物の代表的なものに7つの丘を走るレトロな市電とケーブルカーがあります。一時は交通渋滞を起こす大きな原因になっていることや維持費などのため廃止される危機にさらされました。しかし、あの愛らしい乗り物が無くなることはリスボン市民にとっても、また観光客にとっても大きな打撃であることから現在のところ継続されることになっています。

 

リスボンの街は坂道や石段が多く、しかも旧市街は石畳の道路で、歩くのは大変です。高いヒールをはいて歩くのは危険きわまりありません。ほとんどの人はスニーカーのような運動靴かぺったんこのパンプスをはいています。お年寄りにとってもこの坂道はかなりきついでしょう。

 

    

▲レトロな市電は市民や観光客の人気もの         ▲コメルシオ広場を行く市電

 

したがって、市電やケーブルは市民にとっても大切な交通手段なのです。特にお年寄りにとってはちょっと先の見えるところでも電車に乗れば楽です。それにしても狭い道路をよくもまあ、電車やケーブルカーが通れるものだと感心してしまいます。その上、車やバスが並行して走るのですから・・・。地下鉄も5ライン通っていて、実質的には地下鉄を利用する人の方が多いでしょう。

 

 

▲リスボン市内で一番傾斜のはげしい「ピッカ・ケーブルカー」。下にテージョ川が見える 

 

 

▲ケーブルカーの距離では一番長い「グロリア・ケーブルカー」  ▲「ラヴラ・ケーブルカー」。道幅はぎりぎり

 

観光客にとってはのんびりした市電巡りはレトロ感を味わえる絶好のチャンスです。市内の7つの丘を行くケーブルカーは十分に楽しめます。

 

リスボンではお得な、市電・ケーブルカー・地下鉄・バスなどどれでも使える「7 Collinas」(セッテ・コリーナシュ=7つの丘の意味)というパスが販売されていて、1日券から何日間でも希望のパスが買えます。それを持っているといちいち切符を買う必要がない上に経済的にも大変お得になっています。ちなみに3日間のパスは18.5ユーロでした。他に美術館巡りを組み入れたパスもあります。これらを利用すれば、のんびりした市電巡りはレトロ感を味わえる絶好のチャンスです。(5月29日、ノンちゃん)

 

 

 

 

 

| 17:24 | - | - |
旅:〈ポルトガル編2〉リスボン県の世界遺産、ベレンの塔とジェロニモス修道院

ポルトガルには15の世界遺産がありますが、そのうちリスボン県のベレン(リスボン市郊外)に「ベレンの塔」と「ジェロニモス修道院」の2つがあります。昨年、日程の都合で行けなかったので、今回は何としても行こうと決めていました。

 

 

▲ベレンの塔                    ▲4月25日橋とキリスト像(橋の右側)

  

このふたつは、リスボンの中心地、ロシオ広場の隣のフィゲイラ広場から市電に約30分間ゆられているうちに到着します。他に地下鉄と列車を乗り継いでも行けます。市電で行くと途中、テージョ川の対岸にキリスト像(リオデジャネイロのキリスト像を模したもの)や川にかかる「4月25日橋」を見ることもできます。

 

リスボンから行くと、一番遠くにあるのが「ベレンの塔」で、そこから歩いて10分くらいのところに「発見のモニュメント」があり、道路をはさんでそのすぐ反対側に「ジェロニモス修道院」があります。訪れる人はこの3カ所をセットにして見て回ります。

 

「ベレンの塔」は16世紀初めにマヌエル一世の元で船の出入りを監視するために建てられた要塞でした。タワーの中には国王や王族の部屋、食堂、兵器庫などがありました。また、2階には砲台があり、1階は潮の干満を利用した水牢もあったそうです。

 

  

▲発見のモニュメント。右端がエンリケ王子            ▲反対側から見たモニュメント

 

「発見のモニュメント」は、建てられて新しく、1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して作られたモニュメントです。高さ52メートルあり、近づくと帆船の先端に立つ勇敢なエンリケ王子の姿に続いて、宣教師や船乗り、学者などの迫力せまる彫像が見られます。

 

 

▲ジェロニモス修道院

 

 

▲見事な彫刻を施した南門

 

「ジェロニモス修道院」は、バスコ・ダ・ガマのインド航路開拓を記念して、エンリケ王子が建てた礼拝堂の跡地にマヌエル一世が1502年に着工した修道院です。ため息のでるような繊細で壮大な彫刻が施された南門は、聖ジェロニモスの生涯が描かれています。優美なアーチの回廊も有名ですが、中に入るのにものすごい列で1時間以上待たねばならず、今回はあきらめました。(5月27日、ノンちゃん)

 

 

| 01:40 | - | - |
旅:〈ポルトガル編1〉真っ青な空の中、坂道を市電が通る歴史の街、リスボン

昨年に続いて、再びリスボンへやってきました。旧市街はどこを見渡しても歴史を感じる建物ばかり。なかでも中心地のロシオ広場近くにホテルを取りました。交通の便がよく、周囲にはたくさんのレストランがあふれんばかりにひしめいています。どの店も熱心にお客の呼び込みをやっています。

 

▲ロシオ広場                    ▲コメルシオ広場。いつも多くの人々でにぎわう

 

▲サンタ・ジュスタのエレベーター  ▲エレベーターのトップは展望台になって、橋をわたればシアード地域へ行ける

 

リスボンは今が一番観光客にとってよい時期で、毎日からりと晴れ、気温は27~30℃と暑いですが、湿気がないので汗でびしょびしょになることはありません。ポルトガルではテロが起きていないせいか、世界中から観光客が押しよせています。中でも一番多いのがフランス人。続いてドイツ、イギリス、アメリカ、インド、ロシアの各国の人で、アジア系は少ないです。

 

そのせいか、リスボンで観光客を相手にする人たち、ホテル、レストラン、お土産屋、交通機関などの従業員たちは少なくとも、フランス語と英語は片言なりとも話し、理解します。そんな街は世界中でも珍しいですね。いかに観光に力を入れているかがわかります。

 

▲この季節、街中紫色の花が咲いている        ▲ローマ時代に建てられたサン・ジョルジェ城

 

▲テージョ川に停泊するクルーズ船         ▲サン・ペドロ・デ・アルカンタテ展望台からサン・ジョルジュ城が見える

 

まずは旧市街地の歴史建物や広場の写真を紹介します。このあと、世界遺産(2)、リスボン名物の市電やケーブル(3)、料理(4)、ファド(5、Fado=民衆音楽)、ポルトガル最南の街、ファーロ(6、Faro)、こぼれ話あれこれ(7)などをつづっていきましょう。(5月25日、ノンちゃん)

 

 

| 14:58 | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.