カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
イベント情報:Musicians’ Dream Aid 第5回チャリティーコンサート

音楽家を志す学生達を支援するNPOの Musicians’ Dream Aid(MDA)が6月3日(土)にトロントで第5回チャリティーコンサートを開催します。

 

MDAは、トロントの高校生が設立したNPOです。コンサートの収益は、音楽家を志す学生達の支援に使われます。今回のチャリティーコンサートでは、カナディアン・ミュージック・コンペティションの総合優勝者やトロント・シンフォニー青少年オーケストラのコンサートマスターの他、国際コンクールやカナダの全国大会で活躍している学生達が演奏します。曲目は、バッハ、モーツァルト、リスト、シューベルト作曲のピアノ、バイオリン、フルート、声楽のクラシック曲の予定です。

 

----- コンサート情報 -----

 

■日時: 6月3日(土)7:00 PM 〜8:30PM

 

■場所 : Grace Church-on-the-Hill  300 Lonsdale Rd,Toronto

    (St. Clair Ave W. の北、Spadina Rd. の東側)

 

■チケット :当日 / 大人25ドル、子供/シニア20ドル

                  前売り / 大人23ドル、子供/シニア18ドル

 

Webサイト     http://www.musiciansdreamaid.org/crescendo-june-2017.html

Facebook      https://www.facebook.com/musiciansdreamaid

問い合わせ先      musiciansdreamaid@gmail.com

 

 

〈情報提供:坂田美保〉(5月22日、ノンちゃん)

 

イベント情報:トロント・ジャズ・フェスティバル 2017(デムスキー恵美さんより投稿)

本拠をヨークビル(Yorkville)地区へ移動し、6月23日より7月2日まで開催

 

今年、開催31回目を迎える、トロント・ジャズ・フェスティバルは、本拠をこれまでの市庁舎前広場からトレンディなヨークビル地区に移動し、6月23日から7月2日までの10日間にわたり開催される。複数の特設会場では、昼過ぎから夜遅くまで、計100を超えるフリーコンサートが繰り広げられる。6月24日の夜に予定されている、ニューオーリンズが生んだ音楽の名門ファミリーの一員、アーロン・ネビルの野外フリーコンサートで今年のトロント・ジャズフェスの幕が切って落とされる。

 

 

また、先に発表になったシアター関連のラインナップの中で特に注目されるのは、大物中の大物アーティスト、ソウルの女王、アレサ・フランクリンのSony Centreでの公演(7/1)、ロイヤル・コンサバトリーのカーナー・ホールに登場するゴスペルの大ベテラン、メイビス・ステイプルズ(6/27)、翌日の28日、同シアターにて、コロンビア出身の新進ハープ奏者、エドマ―・カスタネダとのデュオ演奏を披露するジャズピアニスト、上原ひろみ、ジャズのスーパーグループ、Hudson(6/29)などが挙げられる。

 

そして現在、音楽ファンの間で大きな話題となっているのは、新たにジャズフェス会場に選ばれた「ザ・コンサート・ホール」(888 Yonge St)のリバイバルだ。1916年の着工から今年で100年目を迎えるこの歴史ある建物はかつて、The Masonic Templeと呼ばれたが、60年代後半からは、ライブコンサートのメッカとして知られるようになり、レッド・ツェッぺリン、チャック・ベリー、ディープ・パープル、ザ・フー、ボブ・ディランなど、世界のスパースター達が次々に演奏した由緒ある建物である。

 

現在は、オフィスビルとして利用されているがこの6月、再びライブハウスとして蘇る。6月24日からのジャズコンサートに先駆け23日には、カナダのロックレジェンド、ランディ・バックマンが19ドル17セントという、ノスタルジックな特別入場料金でコンサートを行う。6月初旬までには、市内各地のクラブなどで行われるフリーコンサート・ラインナップも出揃う予定という。フェスティバルについての詳細はウェブサイトを参照。www.torontojazz.com

(Text: Emi Demski)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント情報:第6回トロント日本映画際(TJFF)ラインナップ

今年で6回目を迎えるトロント日本映画祭(TJFF)は6月8日(木)から28日(水)までトロント日系文化会館(JCCC)で開催されます。今年も昨年話題になった幅広いジャンルの作品や今回初公開の2017年度作品などが上映されます。このチャンスをお見逃しなく!(すべての映画は日本語で、英語の字幕つき)。

 

今年の映画祭のゲストは、オープニングナイト作品「海賊と呼ばれた男」の山崎貴(やまざき・たかし)監督、「聖の青春」の森義隆(もり・よしたか)監督、「ママ、ごはんまだ?」の白羽弥仁(しらは・みつひと)監督、クロージングナイト作品「忍びの国」の中村義洋(なかむら・よしひろ)監督です。さらに「湯を沸かすほど熱い愛」と「オーバー・フェンス」に出演する俳優のオダギリジョーさんが2作品が上映される日に出席が予定されています。(上映日程は以下を参照)

 

チケットは5月1日(月)から、JCCC受付、または電話、サイトで販売されています。

 

■映画祭期間:6月8日(木)〜28日(水)

 

■場所:トロント日系文化会館(6 Garamond Court, Torornto)

 

■入場料金:1枚$12(JCCC会員$10)

      10枚パス$90(JCCC会員$80)*5枚パスはすでに売り切れです。

 

■問い合わせ:416-441-2345

 

         www.jccc.on.ca  

 

○    ○    ○

 

 

【上映スケジュール】

 

6月8日(木)午後6時30分より

オープニングナイト&レセプション

 

海賊と呼ばれた男

■日時:6月8日(木)午後7時30分 (145分)

■監督:山崎貴

■出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、綾瀬はるか、堤真一、小林薫、ほか

■ストーリー: 明治・大正・昭和の激動の時代、主要燃料が石炭だった当時から石油の将来性を予感した青年実業家の奇想天外な発想と波瀾万丈な人生を描いた作品。モデルは出光興産創業者の出光佐三氏といわれている。

 

Scoop!

■日時:6月9日(金)午後7時 (120 分)

■監督:大根仁

■出演:福山雅治、二階堂ふみ、吉田羊、リリー・フランキー、ほか

■ストーリー:かつて写真週刊誌「Scoop!」に所属し数々のスクープ写真を撮ってきたカメラマンは、今ではギャンブルに溺れている上に借金に追われながら芸能スキャンダルを追うパパラッチになっていた。そんな彼に再び転機が・・・。

 

ヒメアノール

■日時:6月9日(金)午後9時15分 (99分)

■監督:吉田恵輔

■出演:濱田岳、ムロツヨシ、森田剛、ほか

■ストーリー:日常に潜む狂気を鮮烈な描写でつづり、過激な内容で話題を呼んだ古谷実のコミックを映画化したサスペンス。

 

バースデーカード

■日時:6月10日(土)午後1時30分 (123分)

■監督:吉田康弘

■出演:橋本愛、宮崎あおい、ほか

■ストーリー: 病魔に置かされ、死期が迫っている母は娘と息子に20歳になるまで毎年、バースデーカードを贈ると約束する。母と娘の愛を描いた人間ドラマ。

 

ちはやふる 上の句

■日時:6月10日(土)午後4時 (111分)

■監督:小泉徳宏

■出演: 広瀬すず、野村周平、他

■ストーリー:競技カルタに打ち込む高校生たちの青春を描いた人気コミック「ちはやふる」の実写化した作品で、2部作の前編。

 

超高速!参勤交代リターンズ

■日時:6月10日(土)午後7時 (119分)

■監督:本木克英

■出演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、上地雄輔、古田新太、ほか

■ストーリー: 幕府から突然の参勤交代を命じられた弱小貧乏藩の奮闘を描いた時代劇コメディ「超高速!参勤交代」の続編。

 

ルドルフとイッパイアッテナ

■日時:6月11日(日)午後1時(89分)

■監督:湯山邦彦

■声の出演:井上真央、鈴木亮平、水樹奈々、八嶋智人、ほか

■ストーリー:名作児童文学「ルドルフとイッパイアッテナ」の3dcがニメーションで映画化した作品。飼い主と離ればなれになった黒猫ルドルフはボス猫イッパイアッテナと出会い、一緒にノラ猫として暮らし始める。ところがイッパイアッテナには思いがけない秘密があった

 

深夜食堂

■日時:6月11日(日)午後4時 (119分)

■監督:松岡錠司

■出演:小林薫、高岡早紀、多部末華子、オダギリジョー、ほか  

■ストーリー:安倍夜郎の人気コミックを原作に、深夜しか営業しない食堂で織りなされる人間模様を描いたテレビドラマ「深夜食堂」シリーズの劇場版。

 

聖(さとし)の青春

■日時:6月11日(日)午後7時 (124分)

■監督:森義隆

■出演:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太、竹下景子、ほか

■ストーリー: 難病と闘いながら将棋に人生をかけ、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖の生涯を描いた大崎善生の同名のノンフィクション小説を映画化。

 

ざ・鬼太鼓座

■日時:6月12日(月)午後7時 (107分)

■監督:加藤奏

■ストーリー: 新潟・佐渡島で太鼓を鳴らし続ける芸能集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」の若者たちを撮影し、約2年の歳月をかけて製作された。雪の積もる町や海岸を走って肉体を鍛え、和楽器の演奏に没頭する鬼太鼓座の若者たち。

 

湯を沸かすほどの熱い愛

■日時:6月13日(火)午後7時 (125分)

■監督:中野量太

■出演:宮沢りえ、オダギリジョー、松坂桃李、杉咲花、ほか

■ストーリー:持ち前の明るさと強さで娘を育てている双葉が、突然の余命宣告を受けてしまう。双葉は残酷な現実を受け入れ、1年前に突然家出した夫を連れ帰り休業中の銭湯を再開させることや、気が優しすぎる娘を独り立ちさせることなど、4つの「絶対にやっておくべきこと」を実行していく。

 

オーバー・フェンス

■日時:6月14日(水)午後7時 (112分)

■監督:山下敦弘

■出演:オダギリジョー、蒼井優、田村聡、松田翔太、ほか

■ストーリー: 妻に見限られて故郷・函館に戻った白岩は、職業訓練校に通いながら失業保険で生計を立て、訓練校とアパートを往復するだけの淡々とした毎日を送っていた。そんなある日、同じ訓練校に通う代島にキャバクラへ連れて行かれた白岩は、鳥の動きを真似する風変わりなホステス・聡と出会い、どこか危うさを抱える彼女に強く惹かれていく。

 

本能寺ホテル

■日時:6月15日(木)午後7時 (120分)

■監督:鈴木雅之

■出演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、ほか

■ストーリー:本能寺の変の前日にタイムスリップした現代女性が織田信長の命を救うべく奔走する姿を描いたオリジナルの歴史ミステリー。

 

アイアムヒーロー

■日時:6月16日(金)午後7時30分 (127分)

■監督:佐藤信介

■出演:大泉洋、有村架純、長澤まさみ、ほか

■ストーリー:花沢健吾の人気コミックを、「GANTZ」シリーズの佐藤信介監督が、大泉洋を主演に迎えて映画化したサバイバル・ホラー。

 

家族はつらいよ

■日時:6月17日(土)午後1時 (108分)

■監督:山田洋二

■出演:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優 、ほか

■ストーリー:山田監督の「東京家族」で一家を演じた橋爪功、吉行和子、妻夫木聡、蒼井優ら8人のキャストが再結集して現代に生きる新たな一家に扮し、熟年夫婦の離婚騒動をめぐって織り成される人間模様を描く。

 

団地

■日時:6月17日(土)午後4時(103分)

■監督:阪本順治

■出演:藤山直美、岸部一徳、大楠道代、石橋蓮司、斎藤工 、他

■ストーリー:山下ヒナ子とその夫・清治は、とある事情で家業の漢方薬局を畳み、団地に引っ越してくる。そこには、自治会長の行徳と妻の君子、クレーマーで次期会長を狙う吉住に、暇を持て余した奥さま連中が暮らしていた。

 

ママ、ごはんまだ?

■日時:6月17日(土)午後7時 (117分)

■監督:白羽弥仁

■出演:木南晴夏、藤本泉、河合美智子、ほか

■ストーリー:歌手・一青窈の実姉でもある一青妙のエッセイ「私の箱子」「ママ、ごはんまだ?」をベースに、台湾人の父と日本人の母の間に生まれた妙と、妹で歌手の窈の姉妹が、母が残したレシピを通じて、家族の絆を再確認するヒューマンドラマ。石川・中能登町の町制10周年記念事業作品として製作された。

 

シン・ゴジラ

■日時:6月18日(日)午後2時 (120分)

■監督:庵野秀明、樋口真嗣

■出演:長谷川博己、石原さとみ、竹野内豊、大杉漣、高良健吾、ほか

■ストーリー:ある時、東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生。首相官邸で開かれた緊急会議では、地震や海底火山の噴火など事故原因をめぐって議論が紛糾する。そんな中、内閣官房副長官の矢口蘭堂は、海底に正体不明の巨大生物が生息し、それが事故の原因ではないかと推測するが……。

 

愚行録

■日時:6月19日(月)午後7時 (120分)

■監督:石川慶

■出演:妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣 、ほか

■ストーリー:第135回直木賞の候補になった貫井徳郎の小説「愚行録」を映画化。羨望や嫉妬、駆け引きなど、誰もが日常的に積み重ねている「愚行」が複雑に絡み合っていく様を描いたミステリーを描く。

 

サバイバルファミリー

日時:6月20日(火)午後7時 (117分)

■監督:矢口史靖

■出演:小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな 、ほか

■ストーリー:原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。

 

花戦さ

■日時:6月21日(水)午後7時 (127分)

■監督:篠原哲雄

■出演:野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介 、佐藤浩市 、ほか

■ストーリー:狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する痛快時代劇エンタテインメント。原作は鬼塚忠氏の小説「花いくさ」。織田

 

昼顔

■日時:6月22日(火)午後7時 (125分)

■監督:西谷弘

■出演:上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行 、ほか

■ストーリー:2014年7月期に放送され大評判となり、社会現象まで巻き起こした連続ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」。ドラマ版では、紗和と北野それぞれに夫、妻がいるにも関わらず、不倫関係に陥り、それが本気の恋愛に発展していく・・・。

 

怒り

■日時:6月26日(月)午後7時 (141分)

■監督:李相日

■出演:渡辺謙、宮崎あおい、妻夫木聡、森山未來、松山ケンイチ、ほか

■ストーリー:犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。

 

この世界の片隅に

■日時:6月27日(火)午後7時 (126分)

■監督:片渕須直

■声の出演:のん、細谷佳正、他

■ストーリー:第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描いたアニメ。

 

忍びの国

■日時:6月28日(水)午後7時(125分)

■監督:中村義洋

■出演:大野智、石原さとみ、鈴木亮平、國村隼、伊勢谷友介、ほか

■ストーリー:戦国時代、忍びの国として名高い伊賀。超人的な戦闘能力を誇り、虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも特に腕の立つという無門は、怠惰な日々を過ごしては妻・お国に稼ぎのなさを叱責されていた。

 

この夜は、閉幕レセプションが開かれます。

クロージング・ナイト・レセプション

 

※7月に上映予定

ちはやふる 下の句

■日時:7月22日(土)午後2時 (103分)

■監督:小泉徳宏

■出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、ほか

■ストーリー:大ヒットコミックを実写映画化した「ちはやふる」2部作の後編。主人公・綾瀬千早と幼なじみの真島太一、綿谷新の3人を中心に、それぞれの思いを胸に競技かるたに打ち込み、全国大会を目指す高校生たちの青春を描く。

 

続・深夜食堂

■日時:7月22日(土)午後4時 (108分)

■監督:松岡錠司

■出演:小林薫、オダギリジョー、余貴美子、多部未華子、佐藤浩市、池松壮亮、キムラ緑子、渡辺美佐、ほか

■ストーリー:安倍夜郎の人気コミックを小林薫主演で描いたテレビドラマの映画版「深夜食堂」の続編。

 

〈情報提供=JCCC〉(5月3日、ノンちゃん)

 

 

 

 

 

イベント情報:子育て世代のための委任状と遺言状セミナー、JCCC3月23日

e-nikkaでシリーズ「相続法の基礎知識」を連載していた弁護士のスミス希美さんが、3月23日(木)トロント日系文化会館で「子育て世代のための委任状と遺言状セミナー」を開催します。

 

主宰のジャパニーズ・ソーシャル・サービス(JSS)は「突然の事故や病気など『万が一』のために委任状や遺言状を準備しておきたいもの。まだ若いから必要ない、と思いがちな子育て世代の人に役立つ委任状や遺言状についての基礎知識が学べます」と、参加を呼びかけています。

 

 

◎日時 : 2017年3月23日(木)10:00am – 12:30pm

◎場所:日系文化会館(6 Garamond Crt, Toronto)

◎講師:スミス希美

*参加希望者は3月17日(金)までに下記連絡先へ申し込みを。※要予約

◎入場料:$5

◎連絡先:416-385-9200、jss.outreach@gmail.com

 www.jss.ca

 

 (3月16日、ノンちゃん)

イベント情報:小原流いけばなトロント支部「春の花展」開催、3月26日(日)

小原流いけばなトロント支部(支部長:Ming-Li Wuさん)は、第43回「春の花展」を、3月26日(日)午後12時から4時30分までトロント・ボタニカルガーデン内ガーデンホールで開催します。今年はカナダ建国150周年にちなんで美しい花々が生けられるそうです。

 

 

〈写真上は、昨年の会場風景〉

 

オフィシャルオープニングは午後12時30分で、午後1時30分から2時15分までデモンストレーションが行われる予定です。

 

ボタニカルガーデン:777 Lawrence Ave.East(レスリー通り角)

入場料:大人$8、12歳以下は無料。

お問い合わせ:905-607-6085 (Ming-Li Wu)まで。

 

www.ohara-toronto-chapter.ca

 

(3月10日、ノンちゃん)

 

イベント情報:カナダ建国150年をテーマに「アイスフェスト」2月25日&26日

トロントのおしゃれなショッピングエリア、ダウンタウンのヨークビル地区(Bloor - Yorkville)で氷彫刻のお祭り「アイスフェスト」が今年も2月25日(土)、26日(日)の週末に開催されます(土曜は午後12時〜午後8時、日曜は午後12時〜午後5時)。今年はカナダ建国150年をテーマに、これにちなんだ氷彫刻が出品されます。

 

  

 

【写真は昨年のアイスフェストより】

 

会場のカンバーランド通りは歩行者天国となり、ベルエア通りの Village of Yorkville Park にはいろいろな氷彫刻が出品されます。歩行者天国には雪の上にメープルシロップをそそいで凍らせたメープルシロップ・タフィーやヘルシー野菜ジュース、スナックなどいろいろなブースが出店します。

 

 札幌やケベックの雪祭りの規模にはとてもおよびませんが、トロントに住む人たちとっては身近なところで冬の1日を楽しむにはもってこいのアイスフェストです。www.bloor-yorkville.com  (2月18日、ノンちゃん)

 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.