カナダつれづれ

カナダ在住約40年の筆者がつづる生活情報
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
季節便り:バンクーバーでは桜が開花、「桜祭り」を開催

トロント地域では昨晩(3月30日)、再び一面真っ白な雪景色になってビックリしました。「まだまだ春は遠いのか・・・」と。もっとも5月に雪が降ることもありますので、そんなに驚くこともないのでしょう。

 

 

 

時を同じくしてバンクーバーの妹尾翠さん(元日加タイムスリポーター)から美しく開花した桜の写真が送られてきました。「バンクーバー桜祭」がオープンしたそうです。見ているだけで、気持ちがほんわかしてきます。

 

 

 

「例年のようにバンクーバー市内バラード駅構内でイベントがありました。やっと今日(3月30日)から暖かくなったという感じで、心配していた桜も三分咲きですが、駅のまわりの並木は結構きれいでした。山にはまだ雪が降ったりで、風は冷たいです」と、妹尾さん。

 

それにしても同じカナダで、ずいぶん違うものですね。トロントの桜名所「ハイパークの桜」は昨年は気候不順の影響で開花しませんでしたが、今年は以前のように美しい姿を見せてほしい、と願っている人も多いでしょう。 (3月31日、ノンちゃん)

 

季節便り | 00:10 | - | - |
季節便り:鉢植えのふきのとうが出てきました!

e-nikka時代によく季節の便りをいただいたトロント郊外ソーンヒルの原田のぶさんから「鉢植えのふきのとうが出て来ました』と、写真を送ってくれました。

 

 

「裏庭のふきのとうは芽はでているのですが、気温がマイナスになってまだ凍っています。3月末には顔を出してくれるでしょう」とのこと。鉢植えでも清々しい緑のふきのとうを見ると、春を感じさせてくれますね。(3月6日、ノンちゃん)

季節便り | 22:23 | - | - |
季節便り:メープルシロップ採取がはじまりました!

トロント近辺はまだまだ寒く春には遠い様子ですが、トロント郊外では3月4日からメープルシロップ採取がはじまりました!

 

 

 

メープルシロップ採取でもっとも人気のある自然博物館 Kortrightcentre(コートライトセンター)では、4月2日(日)まで「メープルシロップ祭り」を開催しています。メープルの林の中で子供にもわかりやすく採取の方法を見せてくれ、昔からのシロップ採取法と煮詰め法(写真上)、現代的な方法をデモンストレーションしています。午前9時30分から午後4時までオープン。

 

博物館内のティールームでは、パンケーキが食べられ、ギフトショップでメープルシロップをはじめシロップ関係の食べ物やグッズがいろいろ販売されています。

 

道順は、HWY 400  を  Major MacKenzie Drive (ワンダーランドがある所)で降り、西に向かって数分走ると  Pine Valley Drive  があり、これを南に下って数キロ行くと右側に入り口のサインあります。

 

また、トロント郊外、Stouffville(ストービル)にあるコンサベーション、Bruce’s Mill (ブルース・ミル)もコートライトセンターと同じようにメープルシロップ祭りを4月2日(日)まで開催しています。コートライトセンターと同様にシロップ採取の様子が見学することができ、パンケーキハウスやギフトショップもあります。

 

道順は、HWY 404 を北に進み、Stouffville で降りて東へ。Warden 通りを過ぎて1キロほど行くと、右側(南側)に 「Bruce’s Mill」のサインがあります。

 

www.maplesyrupfest.com

 

(3月5日、ノンちゃん)

 

 

季節便り | 00:46 | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.